リスティングコラム

COLUMN

YouTube動画広告 (TrueView)って本当に効果があるの? YouTube動画広告 (TrueView) を活用するメリットについてご紹介!

その他

動画広告

最近「効果が良い」と各方面から聞くようになった”TrueView”、でも具体的に何がメリットなの?

皆さんはYouTube動画広告 (以下、TrueViewとする)の配信を行ったことはあるだろうか。TrueViewは動画配信サービス「YouTube」の動画内や関連動画の中に紛れる形など、様々な手法で動画広告を配信することができる施策である。ユーザーもおそらくTrueViewには誰もが接したことがあり、例え広告のスキップであっても何かしらのアクションを起こしているだろう。では実際、あのTrueviewでの効果はどの程度あるものなのだろうか。また、どのような使い方をすると効果的なのだろうか。今回はTrueViewを多くのお客様で取り入れてきた実績のあるリンクルが、TrueViewを配信するメリットや、オススメの活用方法についてご紹介する。ぜひ参考にして頂きたい。

TrueViewを配信するメリットやオススメの使い方についてご紹介!

それでは早速、 TrueViewを配信するメリットや、オススメの活用方法についてご紹介しよう。

①視聴単価が非常に安い

まずTrueviewのメリットとして、1視聴あたりの単価が非常に安いことがメリットとして挙げられるだろう。その単価は実に2~15円程度である。テレビCMなどと比較すると、1枠〇円、などと枠の値段が決まっている場合は、そもそもその価格を支払うことができなければCMを流すことができないだろう。しかしTrueViewであれば、例えば”インストリーム型”の配信であれば30秒以上の再生で課金となり、30秒以下の動画である場合は最後まで視聴された場合のみ課金となるため、それまでに広告がスキップされれば課金対象外となり、費用は発生しないのである。つまり興味のないユーザーに対しては課金は発生させずに済み、興味を持ってくれたユーザーにのみ広告費を支払うため、適材適所に広告費を活用出来ることができるのが一番のメリットだろう。また、Google Ads(Google 広告、旧・Google AdWords)でのターゲティングもそのまま活用することができ、一度自社のぺージに訪れたユーザーにのみTrueViewを配信する、”動画リマーケティング”の配信も可能となるため、是非試してみて頂きたい。

②配信する時間帯をすべてコントロールできる

次に、配信時間等をきちんとコントロールできる点がメリットの一つだろう。ユーザーの生活リズムや消費者心理に合わせて、1時間単位で配信するかしないかなどの出し分けを行うことができる。自分の好きなタイミングで配信をすることができるため、非常に的確な配信を行うことができるだろう。

③若年層に強い

最後に、若年層に強い媒体であることもオススメできるポイントの一つだろう。近年、若年層はテレビを視聴する時間が短くなっているというデータが各所で出ているが、スマートフォンが台頭し、Youtubeがこれだけメジャーになった今だからこそ、若年層にアプローチするためには欠かせない媒体なのである。

まとめ

今回はTrueViewを多くのお客様で取り入れてきた実績のあるリンクルが、TrueViewを配信するメリットや、オススメの活用方法についてご紹介した。今回はTrueViewのみを活用する場合の活用手法やメリットなどをご紹介したが、実際はテレビCMと連動させて活用したり、SNS広告などと連動しながら活用する等、展開の仕方や戦略は様々ある。自社のサービスのターゲット等を考えながらクリエイティブをご用意頂き、TrueViewを配信してみてはいかがだろうか。TrueView広告に興味がある、代理店に依頼したいという方は下記よりお問い合わせください。

K

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2018/11/27

GDN

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

YDN

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

2018/11/22

Googleアドワーズ

品質インデックス、品質スコア

運営のコツ

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ