DSP

DEMAND-SIDE PLATFORM

リンクルにおけるDSP

リンクルは最新のアドテクノロジーを知り尽くしたプロ集団です。そのため、成果に直結した広告選定・分析・運用が可能です。商品・サービスの特性やプロモーションの目的に応じた広告媒体を選定し、広告の反響を上げるために、ブラッシュアップを続ける分析・運用を強みとしており、広告効果の最大化をどこまでも追及していきます。
また、近年需要が高まっている動画DSPにも積極的に取り組んでおり、動画DSPに関しての運用ノウハウも保有しております。「インターネットからの成果をもっと飛躍的に伸ばしたい」「効果的な認知向上・ブランディング施策を打ちたい」「もっと新規の顧客を増やしたい」「他社よりも目立つ広告施策を打ちたい」など様々なニーズに全て対応することができます。

Web広告の効果を最大化させるアトリビューション分析

リンクルが運用するDSP・DMP3つの強み

国内屈指の実力ある担当者が専任で最適な広告運用をご提供。媒体を知り尽くしたDSPマイスターによる運営

リンクルにはDSP専門チームがあり経験豊富なメンバーがそろっております。その中でも、5つのDSP媒体を1年以上運用した者にDSPマイスターという資格を与えております。DSPは運用型広告であるため、リスティング広告と同じように、運用する人間の知識、経験によって効果が大きく変わってきます。DSPマイスターは媒体ごとの特徴や傾向、設定方法を熟知しているので、商材ごとに最大の効果を上げる運用が可能です。DSPマイスターが貴社の運用を担当します。

国内屈指の実力ある担当者が専任で最適な広告運用をご提供。媒体を知り尽くしたDSPマイスターによる運営

DSP業者(媒体)の情報を最大限活用した運用

DSPで最大の効果を上げるために欠かせないのが媒体からの情報です。
媒体側でのみ確認できる情報を設定に反映させて運用することによって、最大の効果を上げることが可能になります。リンクルは、毎日DSP媒体と連絡をとり、効果を上げるために欠かせない情報をキャッチアップしながら日々運用を行っているため、獲得数を最大化することができます。

DSP業者(媒体)の情報を最大限活用した運用

DSPを熟知したリンクルが商材に合った 媒体とメニューをカスタマイズ

DSPの媒体は多くありますが、どのSSPに接続しているか、どのデバイスに強いか、どのDMPと連携しているかなど媒体によって特徴があり、商材やサービスによって最適な媒体を選ぶことが、効果を上げるためにとても重要です。
しかし、媒体にどのような特徴があり、自社の商材やサービスに適切な媒体は何なのか分からない方も多いと思います。また、媒体だけでなく、リターゲティングを始め、レコメンド、オーディエンスと広告メニューも様々あります。リンクルは、これまでの運用実績をもとに、貴社の商材に最適なDSPの媒体とメニューを豊富なラインナップの中からカスタマイズしてご提案いたします。

DSPを熟知したリンクルが商材に合った 媒体とメニューをカスタマイズ

DSPとは

DSPとは、複数のアドネットワークに対して、横断的にディスプレイ広告を配信できるシステムのことで、広大なネットワーク先の広告枠を瞬時に買い付け、広告を配信します。
また、昨今顧客の年齢・性別・購入履歴などのビッグデータをマーケティングに活用する動きが盛んですが、こちらをWebマーケティングに活用するためのシステムがDMPです。DSPとDMPを連携させることで、より詳細なユーザーのターゲティングが可能になります。

DSPとは

DSP活用のメリット

① 配信面を大幅に拡大可能
DSPは複数のアドネットワークを束ねているため、幅広い面に配信することが可能です。
GDN、YDNでリーチすることができないユーザーにも広告を配信することができます。

② ユーザーのターゲティングが可能
DSPは年齢、性別、地域はもちろんのこと、DSP媒体によって独自のターゲティング手法があり、
購買履歴や閲覧履歴などでユーザーをターゲティングすることができます。

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

関連コンテンツ

  • リスティング広告運用は実践力で決まる
  • インハウスリスティングの課題をすべて解決
  • リスティング広告セカンドオピニオン無料
  • 川崎裕一がわかりやすく解説!リスティング広告虎の巻

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ