リスティングコラム

COLUMN

新規顧客の獲得に困ったら?シミラーユーザーへのターゲティングでリーチ拡大を図ろう

GDN

YDN

シミラーユーザーターゲティング

このコラムをご覧の皆様はディスプレイ広告の配信においてリターゲティング広告を活用されているであろうか。リターゲティング広告は、一度自社のサイトに訪れたユーザーをリスト化して、それらのユーザーに対して広告を配信していくため、最低限自社の商材やサービスに興味を持っている可能性が高く、顕在層の刈り取り施策としては非常に有効な手法である。ただし、同時に新規ユーザーへのアプローチ手法についても考えていく必要がある。リターゲティング配信は、前述の通り過去に自社サイトへ訪問履歴のあるユーザーに対して行う施策であるため、配信を行うことのできるユーザー数には限りがある。そこで今回はリターゲティングのユーザーリストをを基にして新規ユーザーにアプローチできる「類似ユーザーターゲティング」についてその概要と活用方法をご紹介したい。

類似ユーザーターゲティングとは?

類似ユーザーターゲティングを使用すると、自社のサイトに過去訪問したことのあるユーザーと共通の特性を持っていたり、関心のある対象が似ているユーザーに対して広告配信を行い、サイトに呼び込むことが可能となる。(Google広告ヘルプより)

1.訪問ユーザーの類似ユーザーに対して広告配信

類似ユーザーの最も一般的な活用方法として挙げられるのがサイト訪問ユーザーの類似ユーザーへのターゲティングである。リターゲティングリストに登録された全体的なユーザーがそのリストに追加される前に閲覧していた具体的なトピックやコンセプトをもとに、新しい見込み顧客を特定することができる。また、YDNの類似ユーザーでは、ユーザーリストの拡張度合いを10段階で設定できるため、広告の配信実績を確認しながら、徐々にユーザーリストを拡張していく手法もおすすめである。

2.コンバージョン実績ユーザーの類似ユーザーに対して広告配信

シミラーユーザーターゲティングでは過去にコンバージョンに至ったユーザーの類似ユーザーに対して広告を配信することも可能である。訪問ユーザーの類似ユーザーと比較するとリストの数自体は少なくなるが、その分コンバージョンに至る確率の高いユーザーに対して広告配信を行うことができるため、新規ユーザーの流入を増加させつつコンバージョンも狙いたい場合に有効である。

運用における注意点

上記のように、シミラーユーザーターゲティングは新規ユーザーの獲得に置いて非常に有効な施策になり得るが、コンバージョン率に関してはやはりリマーケティング広告の方が良くなる傾向がある。そこで、運用におけるポイントとしては、極力クリック単価を低く抑えて広告配信することが挙げられる。例えば、類似ユーザー配信のコンバージョン率がリマーケティング配信のコンバージョン率と比較して二分の一でも、クリック単価も二分の一に抑えることができればCPAとしてはリマーケティング配信と同等の結果が得られる。レスポンシブ広告等を有効活用して低いクリック単価でも多くのインプレッションが出せるよう運用してみよう。

まとめ

今回はリターゲティングリストを基にユーザーリストを拡張する類似ユーザーターゲティングについて、その概要と基本的な活用方法についてご紹介した。リターゲティングによる広告配信が好調で、新たに新規ユーザーの流入を獲得していきたい広告主の皆様におすすめのターゲティング手法である。リンクルでは、類似ユーザーターゲティングの他にも広告主様のご要望や状況に合わせて適切なターゲティング手法を随時ご提案している。プロフェッショナルによる広告運用にご興味のある方はぜひ下記よりお問い合わせいただきたい。

K.S

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2019/10/21

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

事例

機能

2019/10/14

YDN

クリック単価

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

事例

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ