リスティングコラム

COLUMN

店舗集客をGoogle広告やYahooスポンサードサーチなどのリスティング広告で行いたい?そのような場合のやり方をご紹介

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

初心者必見

店舗集客をウェブ広告でおこなう!

皆さんは、店舗集客型のビジネスを行う場合にウェブ広告を利用した集客を試みられたことはあるであろうか。店舗集客型のビジネスにウェブ広告を使用する場合において難しいのは、どのようなウェブ広告施策を行えば来店人数増加につながるのか、明確にはわかりにくいところであろう。なぜならば、通常ウェブでのお問い合わせ数を指標として追っている場合には、お問い合わせ完了ページ、通称サンクスページにコンバージョンタグを挿入しておけばどのウェブ広告施策からのお問い合わせであったのかが明確であり、よりコンバージョンを獲得できる施策を強化すればコンバージョン数も増えるが、店舗集客ではそれが難しいからである。今回のこのコラムでは、こういった店舗集客型のビジネスにおけるウェブ広告の扱い方について著者の意見を交えて紹介しよう。是非参考にして今後の広告運用にお役立ていただきたい。

何よりもまずウェブ広告施策と来店人数を関連をつける

まず大事なことは、どの施策を行えば来店人数が増加するのか検証することである。上記でも述べたようにこの検証は難しいことが多いのであるが、まったく方法がないわけではないので、いくつかこの検証方法をご紹介しよう。

①ウェブ広告施策ごとに使用する広告費を変えて来店人数の変化を見る

最も簡単なのはこの方法であろう。ウェブ広告施策ごとにある一定期間広告費を増やして来店人数の変化を確認し、来店人数が増加した期間があればその際により注力していた広告施策が来店人数の増加に寄与している可能性が高い。この場合その広告施策をより強化していけばより来店人数が増えることが想定される。このようにして検証を行う場合、ブレを最小限にするために最低でも1か月は検証期間を設けたほうがよく、さらにもし来店人数に時期的トレンドがある場合には平常時どうしで検証を行わなければ結果を正確に分析することは難しいであろう。この検証方法は簡単ではあるものの結果分析が難しいので注意が必要である。

②ウェブ広告施策の指標の何かをコンバージョンとして追う

二番目の方法は指標を見つけるまで苦労はするが、一度見つかれば強力な方法である。例えば広告のクリック数と来店人数が比例しているのか、地図のページの訪問者数が来店人数に比例しているのか、いくつか考えられる指標はあるが、来店人数に比例する指標を見つけてしまえばそこの数字を追うだけで良いので簡単である。過去Google Analyticsなどで様々なデータがあり、分析に慣れている場合には、店舗の日ごとの来店人数とそれらデータの回帰分析を行い、決定係数が最も大きいものを指標として使用すれば良い。

リスティング広告で店舗集客型のビジネスを行う場合の有効な施策

次にリスティング広告で店舗集客を行う場合に有効な施策を一つご紹介しよう。それは「店舗のある地名×そのサービスのメインワード」である。多くのユーザーは店舗を探すときにそのユーザーが行きたいと思っている地域名をサービス名と掛け合わせることが多く、このキーワードでの出稿は非常に重要なのである。ここで一つ気を付けたほうが良いのは、店舗のある地名であるがこの地名はできる限り店舗に近いほうが良い。大阪に店舗があるにもかかわらず兵庫の地名掛け合わせで広告を出稿することは明らかに無駄クリックを産むことが想定できるが、同じように梅田に店舗がある場合において、駅にして二駅程度で距離的には近いが心斎橋の掛け合わせで出稿したとしても来店人数の増加はあまり見込めないであろう。ただし、集客したい店舗のビジネスが多くの地域にあるわけではなく、めったにない場合や競合他社に負けない非常に強い訴求(価格が非常に安い、口コミの評価抜群の名店など)がある場合には、少々遠くの地名で広告を出稿したとしても来店人数の増加を見込めることができるであろう。しかしながら、こういった強い訴求を持つ店舗の場合、多くのユーザーに知ってもらうことが来店人数の増加につながるため、ある程度の確度は維持しつつもクリック単価が低く多くのユーザーにリーチできるキーワードで出稿したほうがより効果的であろう。

まとめ

今回は店舗集客型のビジネスを行いたいという読者の方向けにウェブ広告を使用する際の注意点とその施策のコツについてご紹介した。現在店舗集客型のビジネスでウェブ広告を行われていない方や、現在行っているが効果が芳しくない方は是非参考して今後の広告運用に利用していただきたい。リンクルでは店舗集客型のビジネスにおいても様々な事例が存在し、数多くのノウハウを持っている。是非現在、店舗集客型のビジネスを行っていてより売り上げを拡大していきたい、ウェブ広告をうまく活用していきたいとお悩みの方は下記よりリンクルへお問い合わせいただきたい。

S

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2018/10/01

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

アクセス解析

アドテクノロジー

カスタマー・エクスペリエンス

機能

2018/09/24

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

アドテクノロジー

エクスペリメントマーケティング

カスタマー・エクスペリエンス

初心者必見

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ