リスティングコラム

COLUMN

Google広告のレスポンシブディスプレイ広告を活用して広告効果を最大化させよう

Googleアドワーズ

最新のディスプレイ広告フォーマット

このコラムをご覧の皆様も、多くの方々がWeb広告の配信においてディスプレイ広告を活用されているかと思う。リマーケティングによるターゲティングや、興味関心データ、過去の検索履歴によるターゲティング等、活用できるターゲティングも日々精度を向上させており、成果を挙げている方も多いのではないだろうか。また、ターゲティングだけでなく広告フォーマットも新しいものが随時アップロードされている。今回はそんな中でもGoogle広告の中でも活用を推奨されている「レスポンシブディスプレイ広告」についてご紹介したい。(Google広告ヘルプより)

レスポンシブディスプレイ広告とは

レスポンシブディスプレイ広告とは、従来のレスポンシブ広告とは異なり、複数の画像やテキストを登録しそれらを最適な形で組み合わせることによって配信するシステムである。レスポンシブ ディスプレイ広告は、レスポンシブ広告に代わってディスプレイ ネットワークのデフォルトの広告タイプとなり、標準のディスプレイ キャンペーンだけでなく、スマート ディスプレイ キャンペーンでも使用することができる。アセット(画像、広告見出し、ロゴ、動画、説明文)をアップロードすると、ディスプレイ ネットワークに表示される広告が自動的に生成することができる。

レスポンシブディスプレイ広告を活用するメリット

では、レスポンシブディスプレイ広告を活用することによりどのようなメリットが得られるのであろうか。以下ではその代表的なものについてご紹介する
広告の最適化: さまざまなアセットを Google 広告にアップロードしてレスポンシブ ディスプレイ広告を作成する場合、機械学習モデルにより、パフォーマンス履歴からの予測に基づいて広告スロットごとに最適なアセットの組み合わせが決定される。

幅広いリーチ: アセットタイプごとに複数のアセット(複数の広告見出し、ロゴ、動画、画像など)をアップロードすることができ、利用可能な広告スペースに合わせてサイズ、外観、フォーマットが自動的に調整される。たとえば、あるサイトではネイティブ バナー広告として、別のサイトではテキスト広告として表示される。レスポンシブ ディスプレイ広告に動画を追加すれば、ディスプレイ ネットワークでのリーチを最大化できる。動画の方がパフォーマンスが向上すると Google 広告が判断した場合は、画像の代わりに動画が表示される。

時間の節約: レスポンシブ ディスプレイ広告を使用すると、広告グループやキャンペーン内の広告ポートフォリオを管理するための時間が減り、パフォーマンス向上に時間を費やすことができる。

動的リマーケティングとの併用: キャンペーンにフィードを添付することで、レスポンシブ ディスプレイ広告で動的リマーケティングを利用できる。レスポンシブ広告では、広告主様が設定してキャンペーンに追加したフィードから個々のユーザー向けにカスタマイズされたコンテンツが表示される。キャンペーンにフィードを追加すると、動的フォーマットと静的フォーマットの両方で広告が表示されるようなる。

まとめ

今回は、Google広告で使用できるレスポンシブディスプレイ広告についてご紹介した。導入により様々なメリットもあるため、Google広告においてディスプレイ広告を活用されている方は是非お早めに導入いただきたい。リンクルではレスポンシブディスプレイ広告等のクリエイティブや、ターゲティングについて広告主様それぞれの状況や商材に合わせて最適なディスプレイ広告の配信設計を行っている。プロフェッショナルによる広告運用にご興味のある方は是非下記よりお問い合わせいただきたい。

K.S

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2019/08/05

Facebook広告

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Instagram

SNS

Yahoo!リスティング

YDN

2019/07/30

DSP

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

リマーケティング広告

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ