リスティングコラム

COLUMN

Yahoo!スポンサードサーチでもコンバージョン数の最大化が実施可能に!コンバージョン数の最大化施策を通して広告効果を最大化しよう【2019年8月】

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

アドテクノロジー

事例

機能

検索広告における自動入札について

皆さんは、検索広告における自動入札を活用されているであろうか。検索広告における自動入札にはいくつか種類があり、Googleでは「目標インプレッションシェア」、「目標コンバージョン単価」、「目標広告費用対効果」、「コンバージョン数の最大化」等が存在している。これら自動入札機能はそれぞれ特徴があるので、自身の広告をどのように配信していきたいかによって使い分けるものである。一方で、Yahoo!検索広告(Yahoo!スポンサードサーチ)に関しては、「クリック数の最大化」、「拡張クリック単価」、「コンバージョン単価の目標値」、「広告費用対効果の目標値」しか自動入札としては存在しなかったが、2019年7月31日のアップデートでこの自動入札機能に「コンバージョン数の最大化」機能が追加されたのである。そこで、今回のこのコラムでは、新しく追加されたこのコンバージョン数の最大化機能について説明し、どのような場面で活用するのが良いのかということについてお話ししよう。是非参考にして今後の広告運用にお役立ていただきたい。

参考:自動入札機能について(Google)

   自動入札とは(Yahoo!)

コンバージョン数の最大化について

では、早速まずコンバージョン数の最大化についてご説明しよう。Yahoo!スポンサードサーチのヘルプページより説明を引用すると、「自動入札タイプ「コンバージョン数の最大化」は、キャンペーン予算(日額)内で、コンバージョンをできるだけ多く獲得できるように入札価格を自動調整します。」とある。つまり、キャンペーン単位で予算を設定しているかと思うが、この予算の範囲内でコンバージョンが獲得出来そうだと思われるユーザーに積極的に配信を行う手法である。このコンバージョン数の最大化は、その名の通りコンバージョン数を最大化しようとするために、キャンペーンの予算を満額使用する場合が非常に多い。もし、現状コンバージョン数の最大化をご検討中の方でキャンペーンの予算を現状の実質配信額に対して多く設定されている場合には、急に費用が増える可能性があるので、注意いただきたい。また、このコンバージョン数の最大化の特徴として、各種ターゲティングによる入札調整(例:地域、デバイス等)が無効化されるため、もし地域によって配信ボリュームを変えたい等と行われている方はこちらも注意いただきたい。

参考:自動入札タイプ「コンバージョン数の最大化」(Yahoo!)

コンバージョン数の最大化の活用方法

続いて、コンバージョン数の最大化の活用方法についてご紹介しよう。通常、多くのクライアント様にとって目標としているのは、コンバージョン数という訳ではなく、コンバージョン単価の方なのではないであろうか。目標コンバージョン単価を定めて運用している場合、コンバージョン数の最大化の自動入札機能ではなく、目標コンバージョン単価の入札機能の方が良いと考えられる方が多いであろう。確かに、目標コンバージョン単価が有効であるならば、そちらを利用したほうが良いのであるが、目標コンバージョン単価の場合、コンバージョン数が1キャンペーンあたり月にある一定以上存在しなければ、機械学習がうまくいかず、コンバージョン単価が安定しないことが多い。また、もしご予算が少ない場合にも予算による制限で夜広告配信がされなくなってしまうとかであれば、こちらも機械学習の妨げとなるので、安定しないであろう。こうした場合に有効であるのがコンバージョン数の最大化である。コンバージョン数の最大化であれば、現状月にコンバージョン数が少ない場合であっても月のご予算が少ない場合であっても有効に働いてくれるのである。

まとめ

今回のこのコラムでは、Yahoo!スポンサードサーチにて「コンバージョン数の最大化」自動入札機能が実装されたことを受けて、そちらの機能についてご紹介した。近年、検索広告における自動入札機能は注目を集めており、導入を進めていくべきプロダクトであるものの、その導入やメンテナンスにはノウハウが必要であって、単純にその機能を利用しただけでは、広告効果を最大化できるという訳ではないのが実情である。リンクルでは、自動入札機能におけるノウハウも多く貯めており、クライアント様にご提案及びご支援している。是非、自動入札機能を活用していきたいが、方法に困っている、過去利用してみたがうまくいかなかったなどのお悩みをお持ちの方は、下記よりリンクルまでお問合せ頂きたい。

S

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2019/10/21

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

事例

機能

2019/10/14

YDN

クリック単価

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

事例

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ