リスティングコラム

COLUMN

広告のABテストってどのように行ったら良いの?リスティング広告代理店の運用担当者が広告のABテストを行う方法とそのコツについてご紹介!

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

運営のコツ

話は良く耳にする広告のABテストって実際どのように行ったら良いの?リスティング広告代理店の運用担当者が広告のABテストを行う際の方法やそのコツについて解説

このコラムをご覧の皆さんの中にはリスティング広告を運用しているが、中々成果が上がらないとお悩みの方も多いのではないだろうか。リスティング広告は普段の細かな調整ももちろん重要ではあるが、定期的にクリエイティブ(広告文やバナー)を精査することも成果を改善する上では重要な要素である。しかし、クリエイティブをどのように比較して、絞り込んでいけばよいかについては難しいと感じる部分も多いのではないだろうか。リスティングの広告の配信結果を比較して精査(ABテスト)するにはコツとなる視点があり、その部分をしっかり意識してデータを見ることによって良い広告に絞ることが可能なのである。本コラムでは、リスティング広告における広告(クリエイティブ)のABテストの方法についてご紹介させていただく。

広告(クリエイティブ)のABテストの方法とそのコツについて

それでは早速、広告(クリエイティブ)のABテストの方法とそのコツについてご紹介する。まずデータの集め方についてだが、比較したいクリエイティブが一定数以上のクリック数を集めている必要がある点にご注意いただきたい。媒体側の設定として、自動的に成果が良いと判断されるクリエイティブが優先的に配信される設定があるが、もしABテストを実施する場合には一番配信されている広告以外の広告においても統計上十分なデータ数がなければ正しい判断を行うことは難しいのである。次に数値を確認する際のコツとしては、クリック率やコンバージョン率に着目することである。クリック率が高い場合はその分検索したユーザーに関連性があったり、魅力的であったりする可能性が高く、コンバージョン率が高いということはその分成果に直結するユーザーを集めることが出来ている広告であるといえる。

クリック率の高い広告文は良いのか?

ここでやや複雑なのは、クリック率が高い広告文とコンバージョン率が高い広告文が違う場合である。この場合はどのように判断したら良いだろうか。忘れてはいけない視点として、広告を出す際のKPIとして挙げられるのはコンバージョン数であり、少ない広告費でコンバージョン数を得るためにはコンバージョン率の方が重要であるということである。単にクリック率が高いだけでは、自社の商材やサービスに関連性の低いユーザーを集めてしまっている可能性があったり、広告文とランディングページの関連性が低く、ユーザーが途中で離脱してしまったりする可能性もある。そのため、単純にクリック率が高く、コンバージョン率が低い広告文は上記の2点に当てはまってしまっていないかを一度確認していただきたい。もちろん、商標キーワードのようにコンバージョン獲得単価が良くコンバージョンを獲得できる場合はクリック率を高めることでクリック数を稼ぐことが重要である。

まとめ

今回は、リスティング広告において、広告(クリエイティブ)を絞り込むためのABテストの方法とそのコツについてご紹介した。クリエイティブのABテストは定期的に行って良い広告文やバナーを残し、更に新しいクリエイティブを追加することでより良いクリエィティブを選ぶことが可能である。リンクルではこれまでの運用実績を生かして、リスティング広告の成果を改善を行ってきた例が数多く存在する。なかなか広告の成果が改善されない、現状の成果に満足が行かずにさらなる効果改善、事業拡大を望みたいとお悩みの方はぜひ下記よりお気軽にお問い合わせいただきたい。

K.T.

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2018/11/01

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

2018/10/22

Facebook広告

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

indeed広告

Instagram

SNS

Yahoo!リスティング

YDN

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ