リスティングコラム

COLUMN

GDN,YDNのリターケティング広告の成果が悪い。そんな時に行うべき基本的な改善策の一例をご紹介!

GDN

YDN

リターケティング広告が悪くなって真っ先に確認すべき視点の一例をご紹介!

このコラムをご覧の皆さんは現在ディスプレイ広告を出稿されているだろうか。ディスプレイ広告は検索広告と違い、バナー画像を活用することができ、非常に視認性の高い広告となっている。その中でも特にリターゲティング広告は、一度サイトから離脱したユーザーが再度検索行動を起こさなくても、そのユーザーが別のサイトへの訪問時にアプローチする事ができる効果的な広告である。しかし、このリターゲティング広告は設定すれば常に成果が良いわけではない。当然そのままにしていれば、いつの間にか成果が悪くなってしまっているなどということも起こり得る。そこで今回は、リターゲティング広告の成果が悪くなったときに確認して欲しい視点の一例をご紹介する。是非日頃の広告運用の一助となれば幸いである。

リターゲティング広告の成果改善を行うためには?改善のポイントをご紹介!

それでは早速、リターゲティング広告成果改善のポイントについてご紹介していく。

1.リターゲティングリストの日数を切り分けているか

リターゲティング広告は基本的には自社サイトを訪問したユーザーを経過日数に応じて入札を変え、広告を配信していく。この日数に応じて作成したユーザーリストは広告配信から日数が経てば経つほど、ユーザーリスト自体も遠い過去にサイト内に訪問したユーザーを指定しているリストが多く溜まっていくことになる。このようにリストを作成してから日数が経過しているのに、リストとしての日数は例えば、「自社サイトを訪問してから540日以内のユーザー」のみのリストであれば、すぐに成果は悪くなるだろう。このような広告の配信を行なっている方は、是非、「自社サイトを訪問してから3日、7日、15日、、、」など細かくリストを作成し、短い日数に最も入札をかけることで成果改善を図ることができることもあるため、試していただきたい。ただし、このリストが逆に多すぎる場合は、調整がしづらくなったり、管理が大変になるため、おすすめはしない。はじめは、4,5個のリストに分けて運用を行うと良いだろう。

2.広告の配信先は適切なサイトに配信できているか

リストの日数が足りている場合、広告の配信先に注意していただきたい。リターゲティング広告をどれだけ表示させることができていたとしても、ユーザーの気持ちが広告に向かなければ意味がない。例えば、ポイントサイトが挙げられる。ユーザーはポイントサイトでポイントを貯める、使うことを考えているが、そこで表示された広告に対しては、興味を示さないことが多い。実際にクリックされても誤ったクリックなどで無駄に広告費を使用してしまうことになりかねない。その他にもモバイルアプリには十分注意が必要である。みなさんもご経験があるかもしれないが、モバイルアプリは非常に誤タップが多い傾向がある。そのため、サイトへの流入数の割になかなか成約に結びつかないなどということもある。この傾向が見られる場合には、成果の悪い配信先を除外設定し、広告の配信先の精査を行なっていく必要がある。

3.効果的なクリエイティブを配信しているか

ディスプレイ広告は自社とは別のサイト内にバナー広告などを表示させるが、このバナー画像が自社サイトのものと分かりにくい場合は、変更する必要があるだろう。これは検索広告と違い、ユーザーはもともとその広告を見るためにサイト内にいるわけではないからである。そのため、クリエイティブはユーザーの興味を示すもの、そして、自社の広告であると認識できるわかりやすさなども求められる。

まとめ

今回はリターゲティング広告の成果が悪くなった際に注意すべき視点についてご紹介した。今回は基本的な視点について触れてきたが、その他にもGAなどのツールを使いながらリストの再構築を図ったり、バナー画像のABテストをしたりと様々な改善策が存在する。ただ、今回ご紹介したことはリターゲティング広告だけでなく、他のディスプレイ広告にも該当する部分があるため、是非意識して日頃ディスプレイ広告を配信していただきたい。リンクルでは効果的にリターゲティング広告を配信するノウハウをもって広告配信を代行している。日頃の広告運用の成果改善をお望みの方は是非下記よりお問い合わせいただきたい。

S.T.

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2018/11/01

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

2018/10/22

Facebook広告

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

indeed広告

Instagram

SNS

Yahoo!リスティング

YDN

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ