リスティングコラム

COLUMN

【キーワード自動挿入】GoogleやYahoo!検索広告でキーワード自動挿入を使うコツとは?良くやりがちなミスや運用のコツについてご紹介

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

【キーワード自動挿入】GoogleやYahoo!検索広告で正しくキーワード自動挿入を使えてますか?設定や運用でのコツや良くあるミスについて解説

このコラムをご覧のみなさんの中にはリスティング広告を行っているものの、なかなか成果が上がらずお困りの方も多いのではないだろうか。最近のリスティング広告の機能や設定はますます複雑になっており、ある程度の広告運用経験がない方にとってはどのように設定、配信されているのか、またどうすれば良いのかについて分からないという状況に陥ってしまう可能性も高いと思われる。適切な設定や運用を行えるかどうかでリスティング広告の費用対効果は大きく異なってくるため、そのコツやありがちなミスについて知っておくことで無駄な広告費を削減し、他のWEBプロモーションに予算を割くことも可能なのである。今回はGoogleやYahoo!検索広告において用いられる「キーワード自動挿入」の設定や運用のコツについてご紹介させていただく。キーワード自動挿入とは、ユーザーの検索語句に反応したキーワードを広告文に入れることができる機能であり、求人や住宅系などで効果が高く用いられることもあるため、ぜひ皆様の運用の一助となれば幸いである。

キーワード自動挿入の設定のコツや良くあるミスとは?

それでは早速、検索広告におけるキーワードの設定のコツや良くあるミスについてご紹介させていただく。

1)意図していない広告文が反応してしまう

まず、良くあるケースとしては、せっかくキーワード自動挿入を用いた広告文を作成したにも関わらず、キーワード自動挿入が反応した形で配信されていないケースである。この原因として挙げられるのはキーワード自動挿入した際に文字数が長すぎてしまう場合や他のキャンペーンや広告グループのキーワードや広告グループが反応してしまっている場合などがある。前者の場合は、長いキーワードを反応させたい場合は他の広告文言を短くしたものを作成することで対応可能であり、後者は広告グループをまとめる、または、反応しているキャンペーンや広告グループで該当のキーワードを除外設定するなどで対応可能である。Googleの場合は広告プレビューでどの広告グループのキーワードが反応しているかが分かるため、複数の広告グループが反応している場合は注意が必要である。

2)クリック率は高くなったが、コンバージョン率が下がってしまう

このケースは意図通り広告文が配信されているが、実際のパフォーマンスが低下してしまうというケースである。ユーザーの検索語句に関連するキーワードを広告文に含めることができるため、一般的にクリック率は上がる傾向にあるが、その反面コンバージョン率が低下してしまうことがあるので注意していただきたい。これは広告文と実際のランディングページに内容の差がある場合に起こりやすく挿入されたキーワードの商品や物件などが存在しない、または、関連性が低くなっていることはないか注意してみていただきたい。全てのキーワードをチェックするのは大きな労力がかかるため、まずは表示回数、クリック数が多いがパフォーマンスが良くないキーワードについてチェックしてみていただきたい。

まとめ

今回はGoogleやYahoo!検索広告におけるキーワード自動挿入の設定のコツや良くあるミスについてご紹介させていただいた。実際の経験を積むことは時間がかかるが、実際の事例を基に運用の視点を知ることで、自分の広告の成果や運用について見直してみていただきたい。リスティング広告をひとつとっても配信可能な広告媒体やその手法は様々存在し、どのように配信設計、運用を行うかによって得られる成果が大きく異なるのがWEBプロモーションの特長である。なかなか広告の成果が改善されない、現状の成果に満足が行かずにさらなる効果改善を望みたいとお悩みの方は運用特化型のリンクルに運用を任せてみてはどうだろうか。興味のある方はぜひ下記よりお気軽にお問い合わせいただきたい。
K.T.

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2019/08/05

Facebook広告

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Instagram

SNS

Yahoo!リスティング

YDN

2019/07/30

DSP

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

リマーケティング広告

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ