リスティングコラム

COLUMN

EC事業者必見!EC業界のリスティング広告運用で大切にすべき3つのこと。EC業界リスティング広告運用専門チームが詳しくご紹介

GDN

Googleアドワーズ

SNS

Yahoo!リスティング

YDN

スマートフォン広告

その他

運営のコツ

EC事業者必見!EC業界のリスティング広告運用で大切にすべき3つのこと。EC業界リスティング広告運用専門チームが詳しくご紹介

EC業界の事業者様は、リスティング広告運用をどのように考え、どのように運用しているだろうか。EC業界のリスティング広告運用は、サイトにもよるが基本的には商品点数も多く、管理も難しい業界だといわれている。だからこそリンクルではEC業界の専門チームをさらに商材毎に細分化したチームを結成するなど充実させており、さらに拡充していくべきだと考えている。特にEC業界のリスティング広告運用では、費用対効果を最大化させるために重要な広告配信手法に大まかなコツが3つ存在すると考えている。当然各商材によっても予算や競合他社の出稿状況などケースは様々あるのだが、この3つが頭にあればまずは細かい広告運用ができ、分析スピード・PDCAサイクルの回転率も大幅に改善されるため、良い広告運用を行うことができるだろう。今回は、EC事業者にはぜひ参考にして頂きたい、EC業界特有のリスティング広告運用における大切な3つの考え方についてご紹介する。

EC業界のリスティング広告運用で大切にすべき3つのこと

早速、EC事業者にはぜひご覧頂きたいリスティング広告運用におけるチェックしておきたい3つのポイントについてご紹介しよう。

①広告配信メニューは予算の許す範囲でまずは拡大してみる

まず大切なことは「広告配信メニューは、予算の許す限り拡大していく」ことが重要である。理由としては、結論から申し上げると「検索広告では獲得できないが、他の広告メニューであれば費用対効果良くコンバージョンを獲得できる」可能性が十分に考えられるためである。例えばGoogle AdWordsであればGoogleショッピング広告(旧・商品リスト広告(PLA))や動的検索広告(DSA)、ディスプレイ広告であればGoogle Analyticsと連動したGoogle Analyticsリマーケティング等、これだけでも広告配信メニューは拡大できる。Yahoo!でも検索リマーケティング(RLSA(Remarketing Lists for Search Ads))や、ディスプレイ広告であればサーチターゲティング等、新規獲得、リピーター獲得でも目的に応じてさらに拡大することが可能である。これらの商品メニューの中でも、どの広告が一番費用対効果よく獲得することができるのかは、実際に配信してみてから気付く点も非常に多いだろうと考えている。もし予算に制限のある場合は、一つ一つ着手していき、効果を見定めていくのも良いと考えている。困ったら一度リンクルにご相談頂きたい。

②広告のリンク先の出し分けを行う

次に「広告のリンク先の出し分けを行う」ことが重要だと考えている。例えば「しょうゆ 通販」で検索されているにも関わらず、広告のリンク先はTOPページになっており、しょうゆのページが探しにくい、などといった状態だとユーザーはせっかく購買意欲があったとしてもページから離脱してしまう可能性が高まるだろう。リアル店舗で店構えをきちんと意識するように、web広告でも来てくれたユーザー対して最適なページを表示することが成功の近道になると考えている。

③SNS広告(Facebook広告、Twitter広告、instagram広告など)の施策を絡めた広告配信を行う

最後に「SNS広告(Facebook広告、Twitter広告、instagram広告など)の施策を絡めた広告配信を行う」を行うことが重要だと考えている。ユーザーすべてが検索するとは限らず、検索しなくても今やSNS経由で情報収集するユーザーが増えてきている事実もある。つまり、検索結果だけではなく配信するチャネルを広げ、ユーザーに対して視認性を高めていくことも重要だろう。まずはリマーケティングで少額から配信する形で実施するのも良いかと考えている。ただ、予算や商材によっては相性の良い媒体・悪い媒体は必ず存在するため、一度リンクルにご相談頂くと良いだろう。

まとめ

今回は、EC事業者にはぜひ参考にして頂きたい、EC業界特有のリスティング広告運用における大切な3つの考え方についてご紹介した。今回は基本的な3つの広告配信手法についてご紹介したが、リンクルではほかにも様々なテクニックを駆使してお客様の広告効果の最大化を実現するためにコンサルティングを行っている。興味のある方は下記よりお問い合わせください。

K

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2017/12/14

Googleアドワーズ

初心者必見

運営のコツ

2017/12/12

DSP

GDN

Google Analytics

Yahoo!リスティング

YDN

スマートフォン広告

その他

運営のコツ

2017/12/05

GDN

Google Analytics

SNS

Yahoo!リスティング

YDN

リマーケティング広告

運営のコツ

2017/12/01

GDN

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

YDN

スマートフォン広告

その他

運営のコツ

2017/11/28

DSP

GDN

Google Analytics

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

YDN

バナーのノウハウ

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

リマーケティング広告

2017/11/27

GDN

Googleアドワーズ

SNS

Yahoo!リスティング

YDN

事例

初心者必見

商品リスト広告

2017/11/23

GDN

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

YDN

アドテクノロジー

スマートフォン広告

リマーケティング広告

2017/11/21

Facebook広告

GDN

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

YDN

メディア運営

リマーケティング広告

初心者必見

運営のコツ

2017/11/20

SNS

その他

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ