リスティングコラム

COLUMN

【ディスプレイ広告初心者必見】Google広告のディスプレイ広告で使用可能なターゲティング手法を「場所」と「人」の大きく2つに分けてご紹介

GDN

ディスプレイ広告のターゲティング手法は大きく「人」と「場所」へのターゲティングの2つに分類される。それぞれの細かいターゲティング設定をご紹介!

このコラムをご覧の皆さんは、Google広告のディスプレイ広告でターゲティング可能な分類をどこまでご存じだろうか。ディスプレイ広告では検索広告と違い、ユーザーが自社サイトについて検索行動に移さなくても、ほかのサイト上で自社広告を表示させアプローチすることができる。つまり、自社の広告を表示させるユーザーを広告主が選択(ターゲティング)して広告を配信することができるのが、ディスプレイ広告の一つの特徴である。そこで、今回はそのディスプレイ広告においてターゲティングが可能な人や場所についてどのようにターゲティングが可能になるのか、ご紹介していく。日ごろの広告運用の一助となれば幸いである。

目的に応じて適切な広告を配信するために必要なそれぞれのターゲティング手法について

ディスプレイ広告には配信先をターゲティングする「場所」へのターゲティングと広告を配信するユーザー「人」へのターゲティングの2つがある。それぞれのターゲティング手法について早速ご紹介していく。

【広告の配信場所をターゲティング】

①コンテンツターゲティング(自動プレースメント)

この中でもキーワードによるターゲティング(コンテンツターゲティング)とトピックのターゲティングの2つある。キーワードによるターゲティングは自社サイトに関連性の高いと思うキーワードをGoogleのシステムに指定して登録しておくことで、そのキーワードに関連するサイトで広告が表示される。また、トピックターゲティングは、Googleが事前に設定しているトピック、例えば、ゲームを選択すればゲームに関連するサイトに自動で広告が表示される。これらは、ある程度のカテゴリをこちらが指定するだけで、そこに関連性の高いサイト上に広告が自動的に表示される仕組みとなっている。

②プレースメントターゲティング(手動ターゲティング)

こちらはGoogleの管理画面上で、広告を配信したいプレースメントを指定して登録しておくことで、そのプレースメント上に広告が表示されるようになる。特定の配信先へ表示したいサイトが決まっている場合はこちらを実装するとよいだろう。

【広告を配信する人をターゲティング】

大きく3つの種類に分類される。

①ユーザー属性

ユーザーの性別や年齢、子供の有無などで条件を付けて広告を配信することができる。また、その他にも世帯年収でターゲティングすることもでき、ユーザーを細かく指定して広告を配信することができる。比較的この層のユーザーは商品の認知フェーズの段階であることが多く、より多くのユーザーに対して広告を配信することができる。

②インタレスト(ユーザーの興味関心)

この中でも大きく2つに分けることができる。1つ目にアフィニティカテゴリである。これはGoogleがユーザーの過去の検索行動などからユーザーの興味があることを特定し、その興味関心に基づいて広告を配信するターゲティングである。例えば、スポーツ、フィットネスに関して興味のあるユーザーに対して広告を配信することができ、また、スポーツの中でもアメリカンフットボールに興味があるユーザーにのみ広告が配信できたりと、非常に細かくターゲティングすることも可能である。もう1つのターゲティングが購買意向の強いユーザー層のターゲティングである。基本的にはアフィニティカテゴリと似ているが、購買意向の強いユーザー層は過去の検索行動などから何を購入したがっているかを導き出し、その特定の商材に購買意欲が強いユーザーのみをターゲティングして広告を配信することができる。アフィニティカテゴリに関しては、ユーザー属性と同じように認知の段階であることが多く、購買意向の強いユーザーは販売サイトを複数閲覧しているため、商品の購入に近いフェーズにいることが多い。

③リマーケティング(過去にサイト上に訪れた人)

過去に自社サイト内に一度でも訪れたユーザーのみに広告を限定配信することができるため、非常に確度の高い広告配信を行うことができる。また、一度自社を訪れているため、商品購入に至りやすく購入のフェーズに位置づけられる。このターゲティングと似ているのが、類似ターゲティングになる。このターゲティングは過去にサイトにアクセスしたユーザーと興味関心が共通している人をターゲティングすることができる。このユーザーは基本的には商品検討段階にいることが多いが、時に購入フェーズに位置づけられるユーザーも存在する。

まとめ

今回はGoogle広告のディスプレイ広告におけるターゲティングの分類についてご紹介した。実際にターゲティングする際は、広告を配信する目的に応じてそれぞれの方法を選択するとよいだろう。広く多くのユーザーに広告を配信したい場合はユーザー属性やアフィニティカテゴリでのターゲティングを、より限定的に確度の高いユーザーにのみ広告を配信したい場合はリマーケティングを選択することで、より目的に合った効果的な広告配信ができる。リンクルでは、お客様のニーズに合ったターゲティング選択だけでなく、ディスプレイ広告における様々なノウハウを蓄積している。是非、現状のリスティング広告の成果に満足がいかない、さらに効果改善を行っていきたいとお考えの方は、リンクルへお問い合わせいただきたい。

S.T.

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2018/11/27

GDN

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

YDN

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

2018/11/22

Googleアドワーズ

品質インデックス、品質スコア

運営のコツ

2018/11/19

Googleアドワーズ

アクセス解析

アドテクノロジー

事例

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ