リスティングコラム

COLUMN

Google AdWordsで『デバイスをまたいだコンバージョン』がデフォルトでコンバージョン数に含まれるように!

Googleアドワーズ

O2O

Yahoo!リスティング

エクスペリメントマーケティング

オムニチャネル

カスタマー・エクスペリエンス

スマートフォン広告

事例

機能

『デバイスをまたいだコンバージョン』に関する重要な変更

Google AdWordsでコンバージョントラッキングが導入されたのは2001年のことである。ユーザーが広告をクリックした後に、どのようなサイト内行動をしているかを確認するため、そしてその行動のデータを基にパフォーマンスを改善するためにコンバージョントラッキングがGoogle AdWordsに導入された。このコンバージョントラッキングで図れる指標について、明確に理解できている広告主様は多くはないのではないだろうか。指標の中の一つで、Google AdWordsは「デバイスをまたいだコンバージョン(クロスデバイスコンバージョン)」を2013年に導入したのである。消費者がある端末やブラウザで広告をクリックしてから、別の端末でコンバージョンに至るまでの、複数の端末を経由するコンバージョンの計測に役立てることができるようになったのである。従来まではこの指標の設定として、手動で「デバイスをまたいだコンバージョン」を含めるか否かを設定する必要があったが、今回この「デバイスをまたいだコンバージョン」がデフォルトでコンバージョン列の数値に含まれるようになった。本コラムでは、「デバイスをまたいだコンバージョン」の重要性と、今回の変更点について説明しよう。

クロスデバイスの価値を分析する

モバイルファーストの時代では、消費者は「知りたい」「買いたい」「行きたい」などの必要な情報を複数の端末で調べている。以前『マイクロモーメント』という、消費者がすぐに目の前にあるデバイスを使って調べる・買うといった行動を起こす瞬間を意味する言葉の定義を説明し、その重要性について述べたが、『その瞬間』がどのデバイスのものからであるかというような、デバイスの多様性も重要な要素である。インターネットユーザーの 61%、そしてミレニアル世代(1980年〜2000年頃生まれ)の 80%以上が 1 つのデバイスで買い物を始めたものの、違うデバイスで購入を完了しているという結果がある(Google AdWords公式サポート:Google および Ipsos Connect、2016年3月、GPS Omnibus、米国在住のオンライン回答者(18歳以上)2013人)。このように、複数のデバイスからコンバージョンの可能性がある現代では、どのデバイスにコンバージョンの価値が有るのかを調べて改善に活かすための、アトリビューション分析の際などにも「デバイスをまたいだコンバージョン」の指標は重要である。

『デバイスをまたいだコンバージョン』の設定方法

現状の設定では、「デバイスをまたいだコンバージョンを含む」の設定をオンにすれば、このようなコンバージョンを「コンバージョン」列の数値に含めて、自動入札戦略にも反映することができる。設定方法は次のとおりである。

  1. 『運用ツール』タブをクリックし、『コンバージョントラッキング』を選択する。

  2. 左側のメニューの中から『設定』をクリックする。

  3. 『デバイスをまたいだコンバージョンを含む』をクリックする。

  • 「コンバージョン」列の数値にデバイスをまたいだコンバージョンを含めたい場合はオンにする。

  • 「コンバージョン」列に含めたくない場合はオフにする。

  1. 「保存」をクリックする。

今回の変更によって、今後は「デバイスをまたいだコンバージョン」の数が、自動的に「コンバージョン」項目に含まれるようになる。これによって、掲載結果の総合的な把握や、より正確なモバイル価値の測定が可能になる。この変更は、2016年9月6日より適用され、「デバイスをまたいだコンバージョン」を手動でコンバージョン列に含める設定は利用することができなくなるため、注意が必要である。新しいGoogleAdWordsアカウントにおいては、2016 年8月16日よりデフォルトでコンバージョン列の数値に「デバイスをまたいだコンバージョン」が含まれるようになる。実際に、「デバイスをまたいだコンバージョン」を利用した海外での成功事例もあり、クロスデバイスでの知見を活かしてパフォーマンス分析の精度向上を図った結果、最大でコンバージョン率が16%も向上したという広告主様の事例もあるという。

まとめ

今回は、コンバージョントラッキングの指標の重要な変更点を説明した。このような変更は単なる更新以上に、目標設定を見直すための大切な機会となる。リンクルでは、このような更新を常にフォローアップした担当者が運用している。運用代行にご興味のある方は下記よりお問い合わせ下さい。

I

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2019/12/02

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

動画

動画広告

2019/11/25

Facebook広告

GDN

Google Analytics

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Instagram

Yahoo!リスティング

YDN

アクセス解析

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ