リスティングコラム

COLUMN

リスティング広告における検索クエリの情報を活用して広告効果の改善を図ろう

GDN

Googleアドワーズ

リスティング広告における検索クエリの考え方とは

このコラムをご覧になっている皆様は、リスティング広告を運用する際に「検索クエリ」について注目されているであろうか。検索クエリとは、Google広告やYahoo!スポンサードサーチにおいて、広告が表示された際にユーザーが「実際に」検索を行ったキーワードのことであり、絞り込み部分一致や部分一致でのキーワード登録を行っていると、自社で登録したキーワードとこの検索クエリが異なるワードとなることも多い。スマートフォンの急激な普及によりユーザーの検索するワードのバリエーションも増えてきている中、初期に登録したキーワードだけで運用を行っていくと多様な検索ワードに対応できなくなる、あるいは意図していない検索ワードに対して広告を表示してしまっている、といったことが発生してしまう。そこで有効となってくるのが検索クエリの除外やコンバージョンを獲得した実績のある検索クエリを完全一致のマッチタイプでキーワード登録していくことである。検索クエリを定期的にチェックし、意図していないクエリでの検索に対して広告が表示されないように除外作業を行ったり、有効な検索クエリをキーワード登録していくことが必要となってくる。今回は、成果を改善する上での検索クエリの考え方についてご紹介したい。

①無駄な検索クエリの除外

無駄な広告費を抑えるためにも検索クエリの除外は非常に重要な作業である。例えば、部分一致で「デジタルカメラ」というキーワードを登録した場合、実際の検索クエリとして「防犯カメラ」等のような検索クエリで反応してしまうケースがある。デジタルカメラのプロモーションを行いたい場合、防犯カメラは明らかにニーズの異なる検索クエリであるため、この場合はを除外設定してあげることで今後「防犯カメラ」という検索では広告を表示させないようにすることができる。ユーザーが検索を行うキーワードは予め予測しきれないことがほとんどであるため、特に部分一致のキーワードを多く配信している方は定期的に検索クエリをチェックし、除外設定を行おう。

②有効な検索クエリのキーワード登録

上記でご紹介した除外作業とは逆に、有効な(CVを多く獲得している)検索クエリを完全一致でキーワード登録してあげることも非常に有効である。一般的に部分一致で反応する検索クエリの範囲は入札単価等の影響によって一定ではないため、確実に広告を表示させたい検索クエリが見つかったら完全一致登録を行い、コントロールしやすい状態にしておくことが有効である。また、「品質スコア」品質スコアの観点からも完全一致での登録は重要である。品質スコアの値が高ければ高いほど、同じ入札単価を設定していてもより上位に広告を掲載、あるいは同じ掲載順位でもより安価なクリック単価で流入を集めることが出来る。この品質スコアだが、完全一致による反応のみで判断されるためせっかくCVを獲得している検索クエリがあるのであれば完全一致登録することでキーワードの品質スコアを高めることが出来ればより効果的な運用が可能となるであろう。

まとめ

今回は広告の成果を改善する上での検索クエリの活用方法についてご紹介した。検索クエリの除外登録と同タイミングで週に一回~月に一回程度のスパンで行っていくと良いだろう。コンバージョンオプティマイザーを設定しているキャンペーンでも、無駄な広告費を削減したり、完全一致のインプレッションシェアを高める施策として非常に有効である。リンクルでは本日ご紹介した検索クエリの除外や登録を行い、登録キーワードの可能性を広げていくといった地道な作業を欠かさない運用担当者が揃っている。プロフェッショナルによる広告運用にご興味のある方はぜひ下記よりお問い合わせいただきたい。

K.S

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2019/02/25

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

アドテクノロジー

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ