リスティングコラム

COLUMN

ITPによるリターゲティング広告における影響とは?ITPの現状を把握しつつ、リターゲティング広告を実施しよう

Facebook広告

GDN

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

YDN

ITP(Intelligent Tracking Prevention)とは?

皆さんは、ITP(Intelligent Tracking Prevention)というものをご存知であろうか。ITPとはApple社が発表しているトラッキング防止システムであり、Apple社が提供しているSafariブラウザに組み込まれているものである。このITPによって、Safariブラウザを使用しているユーザーの行動は把握しづらくなっている状況であり、今現状、各広告媒体でこのITPがどういった影響を受けているのかということを正確に把握しておくことは重要なことなのである。ITPはCookieの利用を制限するためのシステムであるので、まずは、ITPの現状についてご説明し、この状況下におけるリターゲティング広告の影響についてご紹介しよう。是非参考にして今後の広告運用にお役立ていただきたい。

ITPの現状について

まずは、ITPの現状についてご説明しよう。2019年12月現在のITPでは、3rd Part Cookieを使用したSafariユーザーのトラッキングは行うことができない。つまり、3rd Party Cookieを用いて仕組みを作っている広告媒体や企業は別の方法で仕組みを作る必要がある。また、1st Party Cookieに関しても状況によって期間は違うものの制限が設けられており、最長でも7日間しかCookieが保持されない状況となっている。さらに、Local Strageとよばれる、Cookieとはまた違ったネット上の情報保持の仕組みに対しても有効期限が7日という制限が設けられているため対策状況も限られており、かつ計測会社とApple社の間でいたちごっこが続いている状況である。

ITPによるリターゲティング広告への影響

では、次にITPによるリターゲティング広告への影響についてご紹介しよう。

3rd Party Cookieを利用している場合

3rd Party Cookieを利用している場合は、上記で記載させていただいたようにユーザーのトラッキングを実施することは現状できないので、リターゲティングで追跡することができない。リターゲティング広告をSafariユーザーに対して実施したい場合には別の方法をとる必要があるであろう。

1st Party Cookieを利用している場合

1st Party Cookieを利用している場合には、状況によって保持期間は変化するが、最長で7日間はSafariユーザーを追跡することができる。多くの広告媒体でリターゲティング広告を実施したい場合、3rd Party Cookie利用ではなく、1st Party Cookie利用に変更することが最も簡単な現状における対処方法であろう。

ローカルストレージを利用している場合

ローカルストレージを利用してリターゲティング広告の追跡に利用している場合は、1st Pary Cookieと似た形ではあるが、基本的には7日間は追跡できることとなる。

まとめ

今回は、ITPの現状についての説明と、またそれによるリターゲティング広告の影響についてご説明した。公正取引委員会からもCookieの利用について言及があったが、今後ネット上でのユーザーの行動について追跡することが難しくなってくることは間違いない状況であろう。こうした状況の中でどうやって広告やその他ウェブ上の施策についての評価を実施していけばよいのかということについて今から考えておく必要があるであろう。リンクルでは、こうしたITPの状況についても把握したうえで、どのようなウェブ広告施策を展開していけばよいのか、どのように分析していけばよいのかについてノウハウを多く貯めており、数多くの手段・手法を持っている。是非、現状のITPの状況について不安がある、今後の広告運用について相談したいとお考えの読者の方は下記よりリンクル迄お問合せ頂きたい。

S

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2020/01/28

GDN

バナーのノウハウ

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

2020/01/10

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

2019/12/30

Facebook広告

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Instagram

SNS

Yahoo!リスティング

YDN

運営のコツ

2019/12/27

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ