リスティングコラム

COLUMN

【BtoB商材】CTRが高い広告文は必ずしも良い広告文とは限らない?BtoB商材のリスティング広告において成果を改善するためのコツをご紹介

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

【BtoB商材】CTRが高い広告文で不必要なユーザーを集客していませんか?BtoB商材のリスティング広告において見込みの高いユーザーを集客し、成果を改善するためのコツをご紹介

このコラムをご覧になっている皆様の中にはBtoB商材のリスティングを運用しており、日々成果改善を図りたいと考えておられる方も多いのではないだろうか。BtoB商材はECサイトなどのToC向け商材とはかなり違った特徴があり、正しい運用をしなくては成果がなかなか上がらないといったことも考えられる。BtoB商材はもともとコンバージョン獲得単価が高いことが多いものの、どのような配信を行うかでコンバージョン獲得効率は大きく変化するのも特徴的である。そこで、本コラムにおいてはリスティング広告の中でもGoogle広告やYahoo広告という検索広告における、BtoB商材の運用のコツについてご紹介させていただく。ぜひ皆様の広告運用の一助となれば幸いである。

BtoB商材での検索広告における改善方法とは?

それでは早速、BtoB商材においてリスティング広告の成果を改善するポイントについてご紹介させていただく。

1)CTRの高い広告文は必ずしも成果が良いとは限らない?

BtoB商材でなかなか成果が上がらないポイントのひとつとして広告文が挙げられる。一般的にはクリック率(CTR)が高い広告文の方がユーザーの興味関心が高く、品質の良い広告文として見られることが多いが、BtoB商材にとっては一概にそうならない場合もある。特に、ToB向けユーザーとToC向けユーザーの検索語句が近い商材においては、あまりクリックして欲しくないToC向けユーザーのクリックを集めてしまっている可能性も高く、それでは問い合わせにつながらず成果もなかなか改善されないと考えられる。対策としては、検索語句を精査し、ToC向けと思われる検索語句を除外することやToB向けであることがわかるように広告文の文言に「法人」や「人事担当者必見」など加えて、ToCユーザーのクリックを抑えることも重要である。

2)部分一致キーワードやビックワードで広告費の多くを使用してしまっていないか?

BtoB商材では、商材に応じてメインとなるキーワードがあることが多く、それらのメインキーワードがしっかり上位掲載できているかが広告の成果を改善させるためには重要である。なかなか成果が出ないアカウントの特徴としては、部分一致キーワードが出過ぎてしまっていることやビックワードの配信が多くなってしまっていることが挙げられる。広告の予算規模にもよるものの、まずはしっかりメインキーワードを上位掲載させることがBtoB商材のリスティング広告においては重要である。ここで注意が必要なことは、予算規模に対してメインキーワードのボリュームが大きい場合は、より確度の高い2語、3語掛け合わせキーワードのみに絞って配信を行うことも重要である。

まとめ

今回は、Google広告やYahoo広告という検索広告における、BtoB商材の運用のコツについてご紹介した。BtoB商材においてはToC向けユーザーをいかに除いて、ToB向けユーザーのみに広告を表示、または、クリックしてもらうかが重要である。また、一般的に良いとされる指標(クリック率が高いなど)であっても、実際の集客を考えなければなかなか成果改善につながらないと考えられる。リンクルではこれまでの運用実績や最新の手法を生かして、リスティング広告の成果改善を行ってきた例が数多く存在する。なかなか広告の成果が改善されない、現状の成果に満足が行かずにさらなる効果改善を望みたいとお悩みの方はぜひ下記よりお気軽にお問い合わせいただきたい。

K.T.

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2019/02/25

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

アドテクノロジー

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ