リスティングコラム

COLUMN

YouTube動画広告の新機能が発表!広告表示オプションと効果計測が強化されより効果的な運用が可能に

動画

動画広告

YouTube動画広告において新機能が実装

このコラムをご覧になっている皆様の中にも、プロモーション活動においてYouTube動画広告を活用されている、あるいは今後導入を検討されている方が多くいらっしゃるのではないだろうか。プロモーションにおける動画活用の重要性はあらゆるところで謳われているが、「動画広告はどのくらいユーザーからの反応が取れるの?」「動画プロモーションを実施して結果が良かったのか悪かったのかが判断しづらい」といったお問い合わせをいただくことも多い。そこで今回はそれらの課題を解決できるようなYouTube広告の新機能についてご紹介したい。

動画広告表示オプション

Google広告公式ブログによると、まもなく動画広告に様々な広告表示オプションを追加し、視聴者の行動を促進できるようになるようだ。検索広告の表示オプションと同様、YouTubeで利用できる表示オプションでも動画広告に有益な情報を追加してユーザーの行動を促すことが可能となる。現時点では、TrueViewインストリーム広告で住所表示オプションとフォーム表示オプション(ベータ版)を利用することができる。現在はさらに、目標到達プロセスの下流の視聴者に行動(映画の次回上映時刻を探す、アプリをダウンロードする、旅行を予約するなど)を促す広告表示オプションの追加を検討されているようであるため、注目していこう。

動画キャンペーンの効果測定

動画広告のキャンペーンを行う上で良く課題となるのが「効果測定」の部分ではないだろうか。動画を見たユーザーが、どの程度自社の商材や商品を認知してくれたのかを数値化して評価していくのは用意では無いであろう。動画によるストーリーテリングは、動画キャンペーンに短期的な成果をもたらすだけでなく、カスタマー ジャーニーのすべての段階で測定可能な成果をもたらすことを期待できるが、実際に取り組むとなると簡単なことでは無いのである。そこで Google広告ではブランド効果測定ソリューションを発展させ、目標到達プロセスの上流から下流に至るまで、広告主があらゆる指標をより簡単に測定、対応できるようにした。ユーザーからのフィードバックに基づいて、まもなく Google広告やディスプレイ&ビデオ 360 の中でブランド効果測定を直接設定し、そのレポートを他の広告指標とともに見られるように利便性を改善するようである。また、キャンペーンの全期間を通じてブランドリフト調査が継続的に配信されるようになったため、動画広告が視聴者にどのような影響を与えているかをほぼリアルタイムで把握することができるようになる。これまでブランドリフト調査は動画キャンペーンにおいて一定額以上の広告費を使用した場合に利用可能であったが、今回の導入であらゆる広告主の皆さまが利用できるようになるのではないだろうか。さらに、2 つの新しい指標として [効果があったユーザー](広告によって影響を受けたユーザー数)と [効果があったユーザーあたりの費用] を導入し、キャンペーンの費用対効果を簡単に最適化できるようになった。これらの新しい測定機能を最大限に活用するには、「ブランドリフトの最大化」という新しい入札戦略の利用が推奨である。

まとめ

今回は、YouTube広告において発表された新しい機能についてご紹介した。動画広告を実施する上で、「インタラクション」と「効果計測」の部分が強化されることでより費用対効果を意識した広告運用、予算配分が可能となるのではないだろうか。それらの指標に課題を感じておられる広告主の皆様には是非ご活用いただきたい。リンクルでは、動画広告に限らずあらゆるインターネット広告において効果計測、数値分析に基づいた広告運用を心がけている。プロフェッショナルによる広告運用にご興味のある方は是非下記よりお問い合わせいただきたい。

K.S

 

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2018/11/27

GDN

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

YDN

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

2018/11/22

Googleアドワーズ

品質インデックス、品質スコア

運営のコツ

2018/11/19

Googleアドワーズ

アクセス解析

アドテクノロジー

事例

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ