リスティングコラム

COLUMN

YouTube広告を配信する上で抑えておきたいポイントまとめ

動画

動画広告

YouTube広告を効果的に運用する上での注意点とは

近年、モバイルでの通信環境向上に伴い、動画広告を使用したWebプロモーションはますます増加している。このコラムをご覧の皆様の中でも、YouTubeを始めとした動画プラットフォームを活用したプロモーションを実施されている方も多いのではないだろうか。そこで今回は、YouTube動画広告を運用する上で抑えておきたいポイントについてご紹介させていただきたい。

広告は出したい時間帯にきちんと配信されているか

YouTube広告にも、検索連動型広告やディスプレイ広告と同じように「インプレッションシェア」という概念が存在する。インプレッションシェアにまつわる指標として、特に注意しておきたいのが「インプレッションシェア損失率(予算)」である。これは一日に割り振っているキャンペーン予算を早い時間帯に使い切ってしまいその後広告の表示がされていなかったり、あるいは表示機会に対して広告が間引かれて配信されてしまっている状態を表している。この状態を解消するには、1日の予算を推奨の値まで引き上げる、入札単価を引き下げ、安い単価で視聴を獲得することで予算内での視聴回数を上げる、ターゲットを絞り込み、より広告配信の精度を向上させる、といった対策方法がいくつか挙げられるため、状況に合わせて適切な改善方法をとっていこう。

不本意な配信先に広告が表示されていないか

YouTubeは巨大な動画プラットフォームであるため、様々なジャンルの動画がアップロードされており、中には自社の商材にとってふさわしくないコンテンツも存在する。YouTube広告では、GDNのディスプレイキャンペーンと同様、広告の配信先を確認することが出来る。管理画面上で「動画ターゲティング」>「プレースメント」>「広告が掲載された場所」と選択していくと、実際に広告が掲載された動画を一覧で確認することが出来る。広告を配信したくない動画コンテンツは随時除外設定を行っていこう。YouTubeには日々新しい動画が次々とアップロードされているため、広告の掲載先についてはこまめにチェックしていくと良いだろう。また一つ一つの動画単位だけでなく、動画のジャンルをまとめて配信対象から除外設定を行うことが出来るため、「デリケートな社会問題」や「刺激的、衝撃的」なコンテンツ等、ブランドイメージを毀損するようなジャンルはあらかじめ除外設定を行っておくと良いであろう。

YouTubeアカウントとGoogle広告アカウントとの連携で更に効果的に

YouTube広告は低単価で多くのターゲットユーザーに対して動画広告によるアピールを行える点で十分に魅力的な広告フォーマットであるが、広告配信の際に必要となるYouTubeのアカウントとGoogle広告のアカウントを連携させてあげることで更に活用の幅を広げることができる。具体的には、YouTubeの動画視聴ユーザーをリスト化し、リマーケティングリストとして活用したり、「カード」を作成して、サイトへの誘導やモバイルアプリのインストールをよりスムーズに促進することが出来る。現在、2つのアカウントを連携させずに広告配信を行っている方は、是非とも連携し、より拡張した機能の活用をお試しいただきたい。

まとめ

今回は、YouTube広告の配信を実施する際に注意しておきたいポイントについてご紹介した。YouTube広告も初期の設定だけを行い、そのまま配信していくだけでなく、いかにポイントを押さえて運用を行っていくかが非常に重要となってくる。リンクルでは、検索連動型広告やディスプレイ広告だけでなく、動画広告の運用に精通した運用担当者が揃っている。プロフェッショナルによる広告運用にご興味のある方は是非下記よりお問い合わせいただきたい。

K.S

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2019/12/02

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

動画

動画広告

2019/11/25

Facebook広告

GDN

Google Analytics

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Instagram

Yahoo!リスティング

YDN

アクセス解析

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ