リスティングコラム

COLUMN

YouTube広告のTrueViewアクション活用してターゲットユーザーの行動を促そう!

動画

動画広告

TrueViewアクションキャンペーンとは?動画広告を活用してユーザーの行動を促そう。

このコラムをご覧になっている皆様はWebマーケティングを実施するに当たり、動画広告を活用されているであろうか。インターネットの広告媒体を活用した動画広告市場は年々成長しており、既に動画広告を活用している、あるいはこれからの活用を検討している、といった広告主の方は非常に多いのではないだろうか。動画広告を配信する目的としては自社の商品や商材の認知度をアップさせることが主目的であるイメージが強いが、最近ではクリック数やフォーム到達数等といったよりコンバージョンに近い行動を起こしてもらうことを目的とした「TrueView アクション」等の広告も登場し始めている。「TrueViewアクション」キャンペーンについてその概要をご紹介したい。

TrueViewアクションキャンペーンの目標

TrueView アクション キャンペーンは、「見込み顧客の獲得」または「ウェブサイトのトラフィック」の目標を使用して作成される。このキャンペーンでは、商品またはサービスにユーザーの関心を引き付けるためのおすすめの設定と機能を使用できる。「見込み顧客の獲得」または「ウェブサイトのトラフィック」の目標を使用して、ウェブサイトで価値の高いコンバージョンを促進し、ウェブサイト全体のユニーク ユーザー数を増やすことができる。両方の目標とも、自動入札や自動ターゲティングを活用してキャンペーンのパフォーマンスを高めることができる。

キャンペーンの規定

TrueViewアクションキャンペーンでは以下の規定に従ってキャンペーン、及び広告を作成することができる。Google広告ヘルプページより
・TrueView アクション キャンペーンは、行動を促すフレーズと見出しで構成される。
・TrueView アクション キャンペーンは、YouTube の動画キャンペーンで利用できる。
・TrueView アクション キャンペーンは、インストリーム広告フォーマットでのみ利用できます。つまり、YouTube 上で別の動画の前後、または途中に再生される。再生開始から 5 秒が経過すると、ユーザーは広告をスキップできるようになる。
見出しは全角 7 文字(半角 15 文字)以内で、動画本体の隣に表示される最もユーザーの目に付きやすいテキストである。
・見出しを使って、商品やサービスを宣伝する。
・行動を促すフレーズは全角 5 文字(半角 10 文字)以内で、見出しの隣に表示される。
・行動を促すフレーズは、最終ページ URL として指定したウェブサイトにユーザーを誘導するリンクである。
・TrueView アクション キャンペーン広告を使用して、ユーザー エンゲージメントを促進し、動画の再生後にユーザーが行動するように促すことができる。
 
形式としては一般的なインストリーム広告と同様のものではあるが、動画の視聴だけでなくよりサイトへの流入等具体的なアクションを促しやすいフォーマットが強化されている。

まとめ

今回は「TrueViewアクション」キャンペーンについてご紹介した。これまで企業や商品のブランディング施策としてYouTube広告を活用されていた方にも是非導入をおすすめしたい機能である。リンクルではTrueVeiwアクションキャンペーンだけではなく、SNSでの動画配信やYDNを活用した動画キャンペーン等、あらゆる動画広告施策に精通している運用担当者が揃っている。プロフェッショナルによる動画広告運用にご興味のある方は是非下記よりお問い合わせいただきたい。
K.S

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2019/05/01

GDN

Googleディスプレイネットワーク広告

リマーケティング広告

初心者必見

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ