リスティングコラム

COLUMN

魅力的な広告文とは?セールやキャンペーンを行う際のリスティング広告の広告文言を工夫することで効果を最大限に発揮するコツについてご紹介

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

リスティング広告で魅力的な広告文を作成するコツとは?

このコラムをご覧になっている皆さんは、セールやキャンペーンを行っているものの、自社の商材やサービスでのリスティング広告の成果がなかなか上がらずお困りの方も多いのではないだろうか。リスティング広告の運用においてどのキーワードを配信するのかということも重要ではあるが、訴求力の高い広告文を作成するということがリスティング広告においては非常に重要である。そこで、今回のコラムでは、リスティング広告の広告文を工夫することで成果を最大化させる方法についてご紹介する。

セール・キャンペーンを行う場合の広告文について

それではさっそくリスティング広告の広告文を工夫することで成果を最大化させる方法ついて見ていこう。今回は特にキャンペーンやセールを行っている場合についてご紹介させていただく。

広告文のABテストを行い、クリック率やコンバージョン率が高い広告文を見出そう

初めに、前提として広告文は複数種類の訴求や文言のパターンを用いることが重要である。一定期間配信した後、クリック率やコンバージョン率において成果が良い広告文に絞り込み、さらにそのユーザーに訴求力が高いクリエイティブの傾向に基づいてさらに新しい広告パターンを作成してABテストを繰り返すことで、より魅力的な広告文を作成することが可能である。注意点としては、色々な部分を変えてしまうと成果を判断することが難しいため、一部タイトルのみ変更するや、2x2種類、計4種類の広告文でABテストを行うなどシンプルな形でテストを行う方が良いだろう。また、一定数の表示回数やクリック数がなければ偶然良いだけの場合もあるため、注意していただきたい。

キャンペーンやセールの表現の仕方を工夫しよう

次にキャンペーンやセールを行っている際にどのような表現・文言の広告文を作成すれば良いかについてご紹介する。例えば、ECサイトを運営している際に50%OFFのセールを行う場合を想定しよう。リスティング広告は設定できる広告文の文字数に制限があるため、いかに訴求を分かりやすく、かつ、魅力的に表現するかが重要である。今回のセールの表現も「50%OFF」、「半額」、「2点目無料」などといった表現があり、どのような表現がユーザーにとって魅力的に見られるかをテストすることが可能である。ここで成果を判断する際に注意してほしい点としては、クリック率が高いからといって一概にコンバージョン率が高いとは限らず、コンバージョン獲得単価(CPA)が良い広告文とは言えない点である。広告文でユーザーの興味を持たせたが、実際のサイトではユーザーのニーズを満たしていない場合はコンバージョン率が下がるため注意していただきたい。しかし、クリック率が高い広告文はディスプレイ広告やSNS広告において成果が良い広告と判断されることがあり、また、視聴単価制の広告の場合はより多くのユーザーをサイトに集客することができるため、クリック率を上げることが成果改善につながる場合もあるので、広告媒体の特徴に合わせて成果を分析する手法を判断していただきたい。

まとめ

今回は、キャンペーンやセールを行う際にリスティング広告の広告文を工夫し、成果を最大化させる方法についてご紹介した。クリック率やコンバージョン率が高い広告文を選び出し、配信することで安定的に成果が出る広告配信が可能であるため、ぜひ色々な広告文を試してみていただきたい。リンクルではお客様の商材を徹底的に理解し、幅広い業界・業種で広告の成果を改善してきた例が数多く存在する。なかなか広告成果が改善されない、現状の成果に満足が行かずにさらなる効果改善を望みたいとお悩みの方は是非下記よりお気軽にお問い合わせいただきたい。

K.T.

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ