リスティングコラム

COLUMN

【初めてWEB集客】目的にあわせた広告メニューの選び方

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Yahoo!リスティング

YDN

初心者必見

知っておきたいWEB広告を選ぶポイント

このコラムをご覧の皆様の中には、これからWEB広告を活用して集客やプロモーションを行っていこうと考えていらっしゃる経営者様、広告ご担当者様も多くいらっしゃるのではないだろうか。「WEB広告」とひとことで言っても、リスティング広告、ディスプレイ広告、動画広告、SNS広告、DPS広告などさまざまな種類の広告メニューが存在する。このコラムでは、初めてWEB広告を実施されるご担当者様の目線で「リスティング広告」「ディスプレイ広告/SNS広告」それぞれを選ぶポイントをお伝えする。

広告メニューごとの「特徴」と「得意」「不得意」を理解しよう

初めてWEB広告を実施されるご担当者様の中には、「WEB広告を始めるなら検索広告から」とご依頼をいただくことが非常に多い。ただし、検索広告にも向く商材(プロモーション)、向かない商材(プロモーション)がある。クリエイティブやサイトの工夫によって、すべての広告で効果を上げることはもちろん可能だが、ひとつの判断基準としてご確認をいただきたい。

■リスティング広告

細かな条件は除いて、リスティング広告の特徴として

・ユーザーが検索したキーワードに合わせて広告を掲載できる

・競合が多いキーワードほどクリック単価が高くなる

が挙げられる。

リスティング広告はあらゆる商材(プロモーション)に対応が可能な広告メニューではあるが、リスティング広告だけでは目的が達成できないケースが存在する。

<リスティング広告に向かない商材(プロモーション)>

a) 検索数が少ない商品の場合

b) 同じキーワードに出稿している競合の数が多すぎる場合

などが挙げられる。

a)はリリースしたばかりの商品名や、地域限定のサービスや商品などはユーザーの認知度も低く、広告を出稿しても検索自体が行われずプロモーションに繋がらないケースになる。b)は、a)と逆のケースになる。競争の激しいキーワードでリスティング広告を実施しようと考えた場合に、予算が充分に用意できる場合は良いが、そうでない場合は別のキーワード/広告メニューでの実施をご検討いただくことをお勧めしたい。

■ディスプレイ広告/SNS広告

ディスプレイ広告は、「新規のユーザーを獲得したい」「サイトを知ってもらっているユーザーをもう一度来てほしい」どちらを目的にして利用するかによっても異なるが、特徴としては、

・検索広告に比べると、低いクリック単価で広告を配信することができる

・検索広告はユーザー側が主体の広告配信だが、ディスプレイ広告は広告出稿主側から見てほしいユーザーに広告を表示、配信をすることができる。

が挙げられる。

検索広告と同じく、ディスプレイ広告に向かない商材(プロモーション)について紹介させていただく。

■新規のユーザーをディスプレイ広告で獲得したい場合

・確度の高いターゲティングを求める商材(プロモーション)を行いたい場合

「年齢」「性別」「居住地」などユーザーのサイト閲覧情報を元に、さまざまなターゲティングが可能であるがユーザーの実登録情報を掛け合わせた配信を行わない限り、ターゲティングの精度には推測が含まれる為、特定の「職業」「職種」やニーズを持つユーザーへの配信を希望される場合には、検索広告やFacebook広告などを活用いただくことをお勧めする。

■サイト/サービスを認知しているユーザーに対してディスプレイ広告を利用したい場合

既にサービスに興味を示しているユーザーに継続的に接触を図ることできる「リターゲティング広告」は、確度高く商品の購入や問合せを獲得することができる広告メニューのひとつだ。しかしこのリターゲティング広告にも向かない商材(プロモーション)はもちろん存在する。

<リターゲティング広告に向かない商材(プロモーション)>

・検討期間が極端に短い商材

リターゲティング広告の配信を行う場合は、前提として対象となるサイトに一定の訪問が行われてからの配信が可能になる。通常のサイト訪問数がそれほど多くなく、かつユーザーの購入期間が短い商材が該当する。地域密着型ビジネス(店舗)のサイトは、1日当たりのアクセスが少ないため、短期的に集客やお問合せを増加したいという場合は、新規ユーザーを獲得するための施策を実施いただいた方が有効なケースが多い。

まとめ

今回は初めてWEB施策を実施する時の広告メニュー選びのポイントについて、企業のご担当者様視点で紹介させていただいた。リンクルでは、広告主の方それぞれのビジネスや目的に合わせた広告手法を日々ご提案させていただいている。プロフェッショナルによる広告運用にご興味のある方はぜひ下記よりお問合せいただきたい。

350401

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2020/09/11

GDN

Google Analytics

Googleアドワーズ

アクセス解析

2020/09/10

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Yahoo!リスティング

YDN

初心者必見

動画広告

2020/09/08

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Yahoo!リスティング

YDN

初心者必見

2020/09/07

Facebook広告

GDN

Googleアドワーズ

Instagram

Yahoo!リスティング

YDN

初心者必見

2020/09/03

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

初心者必見

2020/09/01

Facebook広告

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Yahoo!リスティング

YDN

事例

初心者必見

品質インデックス、品質スコア

2020/08/25

Facebook広告

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Instagram

SNS

Yahoo!リスティング

YDN

動画

2020/08/20

Yahoo!リスティング

YDN

機能

2020/08/19

Googleアドワーズ

初心者必見

品質インデックス、品質スコア

2020/08/12

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

初心者必見

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ