リスティングコラム

COLUMN

顧客獲得単価を維持しながら広告配信を拡張しよう!Google広告の自動ターゲティングとは?

GDN

Googleアドワーズ

ディスプレイ広告のアプローチ範囲を広げる「自動ターゲティング」

このコラムをご覧になっている方の中にも、GDNやYDNを始めとしたディスプレイ広告を活用してプロモーションを行ったご経験があるかと思う。ディスプレイ広告を配信する際、多くの場合「過去に自社サイトに訪れたユーザー」へ広告配信(リターゲティング)や「〇〇に興味関心のあるユーザー」への配信(興味関心ターゲティング)というように自社がアプローチしたい特定のユーザー層を狙って広告配信を行うであろう。ディスプレイ広告を配信する中で、リンクルでは「リターゲティングの成果が良く配信を伸ばしたいのにユーザーリスト数に限界がある」や「成約単価を悪化させずにアプローチできるユーザーを増やしたい」といったご相談をいただくことが多い。そこで今回は、設定したターゲティングによる広告配信を極力維持してアプローチ範囲を広げることのできる、Google広告の「自動ターゲティング」についてご紹介したい。

自動ターゲティング

「自動ターゲティング」には、現在「ターゲティングの慎重な拡張」、「ターゲティングの積極的な拡張」の2種類が用意されている。(Google広告)

・ターゲティングの慎重な拡張

ターゲティングの慎重な拡張を設定すると、現在の設定に近い内容のターゲティングを使用し、コンバージョン単価を維持したままより多くの見込み顧客を獲得することができる。ターゲティングの慎重な拡張はキーワード、またはリマーケティングリストをターゲットとする広告グループにのみ設定可能である。

例)キーワードターゲティングの場合

「ペン」を設定した場合、「フェルトペン」や「ボールペン」までターゲティングが拡張される

例)リマーケティングの場合

日本に関する旅行サイトを訪問したユーザーのリマーケティングリストの場合、東京の観光スポットに関するサイトを訪れたユーザーにまでターゲティングが拡張される。

・ターゲティングの積極的な拡張(ディスプレイキャンペーンオプティマイザー)

ターゲティングの積極的な拡張はディスプレイキャンペーンオプティマイザーとも呼ばれ、ディスプレイネットワーク内で現在のコンバージョン単価に近いレベルのプレースメントを自動的に見つけることができる。コンバージョン単価は多少上昇する場合も多いが、とにかく新規顧客の数を増やしていきたい広告主の皆様にはおすすめの手法である。

例)キーワードターゲティングの場合

「ペン」を設定した場合、「ホワイトボードマーカー」や「シャープペン」までターゲティングを拡張が拡張される。

例)リマーケティングの場合

既存のデータからコンバージョンが見込めるユーザー層を個別に割り出し、ターゲティングが拡張される。

まとめ

今回は成約単価をできるだけ維持しながら広告の配信ターゲットの拡張が期待できる、Google広告の「自動ターゲティング」についてご紹介した。サイトへのアクセス数が少なくリマーケティングで追客できるユーザー数が少ない、ディスプレイ広告の配信量が落ちてきた、今よりも更にコンバージョン数をアップさせたい等といった広告主の方にはお勧めの施策である。多少CPAは上昇する可能性があるが、広告の配信量は大幅に伸びるため、是非一度試してみてはいかがだろうか。リンクルでは、広告主様の商材やWebマーケティングの状況に合わせて手動による細かな入札調整、ターゲティングと自動ターゲティングを組み合わせた広告運用をご提供している。最新のターゲティング手法を熟知したプロフェッショナルによる広告運用にご興味のある方はぜひ下記よりお問合せいただきたい。

K.S

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2018/11/01

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

2018/10/22

Facebook広告

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

indeed広告

Instagram

SNS

Yahoo!リスティング

YDN

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ