リスティングコラム

COLUMN

リターゲティング広告を上手く活用してリスティング広告の成果を最大化させよう~長期的な戦略編~

GDN

YDN

第4回 リターゲティング広告の成果を最大化させる長期的戦略について

過去のコラムでは、リターゲティングリストを使用した戦略(リターゲティング広告を上手く活用してリスティング広告の成果を最大化させよう~リターゲティングリスト編~)、広告戦略(リターゲティング広告を上手く活用してリスティング広告の成果を最大化させよう~広告戦略編~)、一般的な戦略(リターゲティング広告を上手く活用してリスティング広告の成果を最大化させよう~一般的な戦略編~)についてご紹介した。様々な戦略があるが、これまでご紹介してきた戦略はどれもその時々で重要になる戦略であり、長期的にリターゲティング広告の成果を最大化させるためにはその他にも重要な戦略がいくつか存在する。そこで最後となる本コラムでは、リターゲティング広告の成果を最大限高めるための長期的な戦略についてご紹介する。是非日頃の広告運用の一助となれば幸いである。

リターゲティング広告の成果を高める長期的な戦略

それでは早速リターゲティング広告の成果を最大化させる長期的な戦略についてご紹介する。リターゲティング広告を長期的に活用する際には下記2点が戦略として挙げられる。

①成果の上がっているサイトに予算を集中させる

リターゲティング広告では、リスティング広告と同様に広告グループ単位での入札を行うことができるが、それだけでなく、広告を配信するサイトに対しても入札を変化させることができる。例えば、ある特定のプレースメントでのコンバージョン率が高い場合、そのプレースメントに対して入札を高めることで、そのサイトでのオークションに勝ちやすくなり、成果を高めることができる可能性がある。また逆に、予算を多く投下してもコンバージョンがなかなか取れていないプレースメントが存在する場合、入札を落とす、もしくは除外設定を行い、そのサイトに広告が配信されないようにすることをおすすめする。こうして、長期的に配信面を精査していくことで、リターゲティング広告の成果を安定して高めることができる。

②サイトのトラフィックを増やしてリストの規模を拡大する

サイト内の流入数を増やせば増やすほど、リターゲティング広告はより多くのユーザーにアプローチできることになる。そのため、リスティング広告や新規ユーザー向けのディスプレイ広告を活用して、ウェブサイトにアクセスするユーザーを増やすことで、リターゲティングリストにより多くのユーザーを追加することができる。そのため、リターゲティング広告でユーザーを刈り取りたいという目的があっても、その他の検索広告やディスプレイ広告を併用することをおすすめする。

参照:リマーケティングの効果を高める 21 の戦略

まとめ

本コラムではリターゲティング広告の成果を最大化させるための長期的な戦略についてご紹介した。また、これまでリターゲティング広告の成果を最大限に高めるために必要な戦略について全4回にわたってご紹介した。リターゲティング広告を最大限に活用するためには様々な戦略が存在し、それら戦略を上手く使い分けることが重要となってくる。本コラムでご紹介した長期的な戦略では、長い目でリターゲティング広告を使用し、成果を最大化させたい場合に必要な戦略となるため、これから広告を出稿したいとお考えの方にとっても覚えておいていただきたい。リンクルではリスティング広告だけでなく、ディスプレイ広告、SNS広告など様々な媒体、配信手法を活用して多くの広告主様の売り上げ拡大に貢献している実績がある。プロフェッショナルな運用にご興味がある方は是非下記よりお問い合わせいただきたい。

S.T.

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2019/12/02

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

動画

動画広告

2019/11/25

Facebook広告

GDN

Google Analytics

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Instagram

Yahoo!リスティング

YDN

アクセス解析

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ