リスティングコラム

COLUMN

リマーケティング広告と検索リマーケティング広告(RLSA,Remarketing Lists for Search Ads)の違いとは?両者の違いを理解して広告運用に活用しよう

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Yahoo!リスティング

YDN

リマーケティング広告

皆さんは、リマーケティング広告を活用されているであろうか。リマーケティング広告は一度自社サイトへ訪れたユーザーをリスト化し、そのリストに対して自社のサイトを見ていないときにもディスプレイ広告を配信する広告手法である。この広告によって、競合他社との比較検討中のユーザーにも自社のサービスをアピールすることができるのである。一方で、この一度サイトへ訪れたユーザーのリストを活用して検索リマーケティング広告(RLSA,Remarketing Lists for Search Ads)を行うことも可能である。この検索リマーケティング広告は一度サイトへ訪れたユーザーがAdWordsに登録しているキーワードで検索したときに入札比率を変えて広告を表示させることができる、つまり通常の一度もサイトへ訪れたことのないユーザーが検索したときよりも掲載順位を高めて広告を表示させたり、逆に掲載順位を下げて広告表示させることもできるのである。これらリマーケティング広告と検索リマーケティング広告は両者とも一度サイトへ訪れたユーザーのリストを利用しているという点においては似ているが、性質が若干違うものでもある。今回のコラムでは、このリマーケティング広告と検索リマーケティング広告の違いについてご紹介しよう。是非参考にして今後の広告運用にお役立ていただきたい。

リマーケティング広告と検索リマーケティング広告(RLSA)

まず、リマーケティング広告の方から説明しよう。リマーケティング広告はあくまでも「ディスプレイ広告」であるので、一度サイトへ訪れたユーザーが自社サイト以外の別サイトを閲覧中に広告を表示させる手法である。つまり、ユーザーとしてはその情報を得ようとしているかどうかに関わらず、ある意味勝手に広告は表示されるのである。一方で検索リマーケティング広告に関しては、「リスティング広告」であるので、ユーザーが検索行動を行わない限りは広告は表示されることはない。つまり、検索リマーケティング広告に関しては、その表示された広告はある意味ユーザー自身が得ようとしている情報に関連するものであるといえる。このリマーケティング広告と検索リマーケティング広告の違いを考えると、例えある商材のリマーケティング広告の成果が芳しくなかったとしても検索リマーケティング広告に関してはユーザーが検索行動を行った時点でその商材と関連する商材に関心を持っている可能性が高いので、通常の広告配信よりもより上位に広告を表示させる広告配信を行うことによって、より成果が改善する可能性がありえるのである。どういう事かというと、リマーケティング広告ではユーザーが全くその商材に興味を示していなかったとしても広告は表示されるのであり、そのような状況において表示された広告は誤タップを引き起こす要因のみならずブランドイメージを低下させる恐れもあるが、検索リマーケティング広告に関しては、そのような心配はないのである。つまり、検索リマーケティング広告はどのような場合においても実施すべき施策であり、非推奨となる場合はないと言っても過言ではないであろう。

まとめ

今回は、リマーケティング広告と検索リマーケティング広告(RLSA)についてご紹介したが、この違いを理解したうえで最適な広告配信メニューを選択し、広告運用を行っていってもらいたい。リンクルでは、リマーケティング広告も検索リマーケティング広告も適切に活用して広告運用の効果を最大化している。是非、現状の広告効果に満足がいかない、さらに広告効果を改善したいという読者の方は下記よりリンクルへお問い合わせいただきたい。

S

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2018/06/05

Facebook広告

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Instagram

SNS

Yahoo!リスティング

YDN

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ