リスティングコラム

COLUMN

不動産業界でのweb広告運用を初めて行いたい方必見!不動産業界での戦略的リスティング広告運用手法とは

GDN

Googleアドワーズ

SNS

Yahoo!リスティング

YDN

スマートフォン広告

その他

運営のコツ

不動産業界でのリスティング広告ではコツを抑えればCPA(獲得単価)は改善されやすい

皆さんは不動産業界でのリスティング広告運用に対してどのような印象をお持ちでいらっしゃるだろうか。不動産業界と言っても、不動産には色々な種類があるかと思う。投資用(収益用)不動産から注文住宅、太陽光発電をはじめとした土地活用など、幅は広いがそれぞれリスティングの運用の仕方は大きく異なるものである。リスティングの運用の基礎は「お客様の気持ちになって考えることである」と昔のコラムで述べたことがあったが、まさに不動産業界はそのあたりが一番重要になってくる部分だと考えている。今回は不動産業界でweb広告運用を初めて実施したい方に向けた、戦略的なリスティング広告運用手法についてご紹介する。商材によって運用の仕方は変わってくるが、最低限抑えておきたいポイントを下記に記すため、ぜひ参考にして頂きたい。

不動産業界専門チームが教える最適なリスティング広告運用とは

それでは早速、不動産業界でweb広告運用を初めて実施したい方に向けた、戦略的なリスティング広告運用手法についてご紹介しよう。

地名は基本的に外さず、広告文にも地名を記載する

まず第一に、地名系のキーワード登録は欠かさず行い、広告文にもきちんと検索されたキーワード通りの広告文が表示されるよう設定することが重要だと考えている。特に注文住宅やアパート、マンション系のリスティング広告運用は、自分がその場所に住みたいと考えているからこそ地名を入れるのがユーザー心理である。また、その広告経由で一度サイトに訪れたユーザーに対してさらにリマーケティング(リターゲティング)広告で追跡することによって更にコンバージョンに繋げやすくなるだろう。

クリック単価が高騰しがちなため、予算次第だがクリック数を増やす施策を取る

次にクリック数を増やす施策が重要だと考えている。不動産業界は全体的にクリック単価が高い傾向にあるため、ただ1位掲載を行い続けてしまうと費用対効果が合わない可能性が非常に高いのである。それであれば、品質スコアを上げてクリック単価を抑制しても掲載順位をキープできるような動きを取っていくべきなのである。また、キーワードもビッグワードばかりを選択せず、3語キーワードや部分一致なども活用しながら、クリック単価をじりじりと上げていく形が良いかと考えている。あくまで主観であるため100%効果が出るとは言い切れないが、一度チャレンジしてみて頂きたい。

リマーケティング広告を訪問日数に応じてコントロールする

最後にリマーケティング広告において、ユーザーの訪問後経過日数に応じて入札の強弱をつける運用手法である。これは特に不動産業界は重要だと考えており、特に直近でサイトに訪れたユーザーには、競合他社に行かれてしまう前に先に刈り取ってしまうのが重要だろう。ぜひ試してみてはいかがだろうか。

まとめ

今回は不動産業界でweb広告運用を初めて実施したい方に向けた、戦略的なリスティング広告運用手法についてご紹介した。リンクルでは不動産業界専門チームを設けており、このチームはあらゆる不動産業界の運用経験や知見を持っているため、能動的な運用を行えるのが特徴である。今回はほんの一部のみを紹介したが、まだまだ運用手法は多くあり、リンクル独自のテクニック等も持ち合わせている。現状のリスティング代理店の効果が悪い、レポート分析もしてほしい、自分で今までやっていたが代理店に任せてみたい、などと言ったリスティング広告経験者の方も歓迎しているため、不動産業界専門チームのリスティング広告運用に興味のある方は下記よりお問い合わせください。

K

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2018/06/05

Facebook広告

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Instagram

SNS

Yahoo!リスティング

YDN

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ