リスティングコラム

COLUMN

リスティング広告の成果が最近振るわなくなってしまった…そんな時に良くある原因とその 改善策をご紹介

GDN

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

YDN

運営のコツ

リスティング運用者必見!リスティング広告の成果が急に振るわなくなってしまった場合に考慮すべき原因とその改善策を解説

皆さんはリスティング広告の成果が気づいたら悪くなってしまっていたという経験はないだろうか。広告の成果は日によってブレがあるため、なかなか大きな変化に気づきにくい場合も多くある。そんな時に季節や時期といった外的な要因のせいにしてしまいがちではあるが、実は自分たちの調整方法が誤っていたという理由で悪化してしまっている場合も多く見られる。本コラムでは、このような成果が悪化してきたと感じた時にどのような調整が原因になっているのかやその改善策についてご紹介させていただく。

リスティング広告の成果を悪化させてしまう原因となる設定や調整の失敗例をご紹介

それでは早速、実際にやってしまいがちな設定や調整の失敗の原因と対策についてご説明しよう。

地域や時間帯、デバイスにおける入札単価調整比率の設定が適切でない

このケースは初めての人よりも、ある程度リスティング広告の運用に慣れてきた人が陥りがちなので、心当たりのある方は注意していただきたい。ウェブ広告は検索したユーザーに関する多くの情報を得られるため、成果の良い(悪い)地域や時間帯、デバイスによってキーワードの入札単価の調整比率を上下させることで、広告配信に強弱をつけることができる。これを利用して成果が向上することももちろん多いが、設定方法を誤ってしまうと逆効果になってしまいかねない。これらの設定に限った話ではないが、成果の悪化につながる原因として「期間、範囲設定」と「累積倍率」の2点が主に挙げられる。

 a) 期間、範囲設定

これは何の期間や範囲であるかというと、データを分析するための対象とする期間や範囲のことである。期間設定はアカウントの配信量やコンバージョンの取れる具合によっても異なるが、一般的には3ヶ月以上は期間を取らないと統計的な結果であるか判断がつかない場合が多い。偶然にかたよっている傾向をリスティング広告の傾向と見誤ってしまうと、間違った方向に広告配信を調整をしてしまい成果が悪くなってしまうリスクがある。特に時間帯や曜日の傾向を分析する際には、データが少ないと特定の曜日によっている場合が多いが、本当に意味のある偏りなのかを立ち止まって考える必要がある。例えば、時間帯別で成果を見る場合は、1時間ごとの成果にとらわれるのではなく、もう少し広い時間帯での傾向を解析したり、自分の商材のユーザー像から推定されるライフスタイル(平日の朝、夜の通勤時間など)と照らし合わせて説明がつくかどうかを考えることが重要である。

 b)累積倍率

ウェブ広告は地域、時間帯、デバイスといった複数の要素で入札単価を変えられるために、上げ下げできる数値を適切な値にしなくては、想定外の設定になってしまうケースも見られる。例えば、成果の良い地域、時間帯、デバイスで入札単価比率を30%ずつ増やし、成果の悪いものは30%ずつ減らすとすると、全て成果の良い部分は元の入札単価の約2倍の入札単価設定になってしまい、全て成果の悪い部分は元の入札単価の3割ほどになってしまうという調整がかかってしまうのである。こうすると、広告グループ単位やキーワード単位で過去の結果を基に調整する際に入札単価の上げ下げの割合を大きくし過ぎた場合、上記の入札単価比率によって想定以上に入札単価が変化してしまい、配信され過ぎる、されな過ぎる場合があるので注意が必要である。

まとめ

今回は、リスティングで成果が落ちている際に考えられる主な原因とその対策についてご紹介した。リスティング広告の調整に慣れてきたころが一番上記のような設定ミスをしがちであり、注意が必要である。リンクルでは自社でリスティング広告を運用していたり、他社の代理店で運用していたりするアカウントを引継いで運用するケースも多くあるが、上記のような設定面でまだまだ成果を改善できる部分が多い場合がほとんどである。なかなか広告の成果が改善されない、現状の成果に満足が行かずにさらなる効果改善を望みたいとお悩みの方は運用特化型のリンクルに運用を任せてみてはどうだろうか。興味のある方はぜひ下記よりお気軽にお問い合わせください。
K.T.

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2018/10/01

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

アクセス解析

アドテクノロジー

カスタマー・エクスペリエンス

機能

2018/09/24

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

アドテクノロジー

エクスペリメントマーケティング

カスタマー・エクスペリエンス

初心者必見

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ