リスティングコラム

COLUMN

ビュースルーコンバージョンとは?Google広告で計測される様々なコンバージョンの種類についてご紹介。

GDN

Googleアドワーズ

Google広告でコンバージョンを計測することで見ることができる指標

リスティング広告を運用していると、たまに耳にする「ビュースルーコンバージョン」。その他にも様々なコンバージョンの種類が存在しており、耳にすることも多いのではないだろうか。そして、それぞれのコンバージョンについて皆さんはどの程度把握されているだろうか。同じコンバージョンでもそれぞれの意味を把握したうえで運用を行っていなければ、効果的な広告運用が行えず、大きな損失を無意識のうちに出している可能性もある。そこでこのコラムでは、Google広告で計測される様々なコンバージョンについてご説明する。それぞれのコンバージョンが何を示しているのかを理解し、日頃の広告運用の一助となれば幸いである。

〇〇コンバージョン。それぞれの指標が示すものとは?(参照:コンバージョン トラッキング データについて

それでは早速コンバージョンの種類について解説していく。

①すべてのコンバージョン

このコンバージョンでは、Google広告で計測しているすべてのコンバージョンをまとめて集計したもので、例えば、後ほどご紹介するマイクロコンバージョンなどのように、最終的に計測したい成果とは別に、運用を行う際の一つの指針として実装しているコンバージョン等を通常のコンバージョンに加えて計測したものである。そのほかにも誤タップなども多く、実反響と少し乖離が生じてしまいがちな「電話コンバージョン」等もこのコンバージョンの中にまとめて集計して、確認したりなどする。

②マイクロコンバージョン

マイクロコンバージョンとは、一般的に通常のコンバージョンまでのハードルが高く、運用に生かせるだけのコンバージョン数を獲得できないなどの際の改善時に使用することが多い。通常のコンバージョンよりもハードルが低く、より多くコンバージョンを計測することができるポイントにコンバージョンタグを設置し、一つの指針として、成果改善を図るために使用される。例えば、住宅系の商材を扱っており、展示場への来店予約を通常のコンバージョンとして設定している場合、来店予約よりもハードルが低い、「資料請求」や「お問い合わせ」の完了などにマイクロコンバージョンを設定する。多くのコンバージョンポイントがないという方にとっても、購入などの前段階、フォームページへの到達やフォーム記入内容確認画面への到達をマイクロコンバージョンとして設定するなど様々な方法が存在する。

③ビュースルーコンバージョン

このコンバージョンでは、広告を見たが、クリックまでは至らず、その後、サイトを訪れたのちにコンバージョンに至っている回数を記録したものになる。通常のコンバージョンのように広告をクリックした後の成果を追うものではなく、直接広告から流入しているわけではないユーザーのコンバージョンを計測することができる。こちらは、一般的にディスプレイ広告や動画広告などに用いられる指標で、ユーザーに認知されたのちに、コンバージョンに至ったユーザーを集計することができる。ディスプレイ広告でのビュースルーについては、画面内に広告の50%以上が1秒以上表示された際に視認範囲のインプレッションとして、貢献度が割り当てられる。

④デバイスをまたいだコンバージョン

こちらは、ユーザーが広告をクリックしたのちに、別のデバイスやブラウザ等でコンバージョンを達成した場合に計測されるコンバージョンのことをいう。複数のデバイスを使用しているユーザーの行動を正確に分析することができるコンバージョンとなっている。

⑤クロスアカウントコンバージョン

このコンバージョンは複数のGoogle広告アカウントを所有する広告主が使用するコンバージョンで、複数のアカウントでも1つのコンバージョンタグで計測が可能となる。そのほかにも、タグの数を減らすため、ウェブサイトの読み込み時間を短縮したり、それぞれのアカウントのキーワードで、ユーザーがコンバージョンまでにどのような操作を行ったのかを確認することができる。

まとめ

今回Google広告でコンバージョンを計測することで確認することができる様々なコンバージョンの種類についてご紹介した。それぞれのコンバージョンを理解し、うまく活用することで、現状の広告配信の成果改善につなげることも可能となるため、ぜひ活用していただきたい。リンクルでは、あらゆる指標数値を活用することで、成果に基づいた運用を行っている。現状の広告配信の成果改善をしたいとお考えの方は是非下記よりお問い合わせいただきたい。

S.T.

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2019/04/15

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

初心者必見

機能

2019/04/08

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

リマーケティング広告

機能

2019/04/01

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

アドテクノロジー

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ