リスティングコラム

COLUMN

リスティング広告のABテスト正しく行えていますか?ケースに応じたABテストの実施方法や考え方について広告代理店の担当者がご紹介!

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

リスティング広告のABテストの指標は状況によって異なる。ケースに応じた適切な設定と絞り込む方法について解説

このコラムをご覧の皆さんの中にはリスティング広告を代理店に依頼している、または、自身でリスティング広告を運用している方も多いのではないだろうか。リスティング広告の成果改善の手法としてABテストは有効な手段であり、活用されている方も多いと考えられる。しかし、リスティング広告のABテストは正しく実施しなくては、間違った判断をする可能性があり、逆に成果が悪化してしまう原因にもなりかねないという恐れがある。ABテストにおいて重要なことは何を指標として絞り込むか(良いと判断するか)を明確にすることと、その実施方法についてである。今回のコラムではよくあるミスを例にあげながら、どのような部分に注意してABテストを実施すればよいかについてご紹介させていただく。ぜひ皆様の今後の運用の一助となれば幸いである。

ABテストで成果の良いクリエイティブ(広告文、バナーなど)に絞るコツとは?

それではさっそく、リスティング広告のABテストを実施するコツについて解説していく。まずは、どのような指標を基準に良いと判断するかを明確に決める必要がある。広告文やバナーであれば、クリック率やコンバージョン率を基に判断することが多い。これ自体は間違ってはいないのだが、状況に応じて判断を見誤る可能性があるため、下記2点に注意していただきたい。

1)クリック率の高いクリエイティブが必ずしも良いものとは限らない

1点目はクリック率の高いクリエイティブが必ずしも良いものとは限らないということである。一般的にはクリック率が高いクリエイティブがユーザーの検索語句やニーズとの関連性が高く、良い広告文とされることが多いが、一方で、コンバージョンに至らない無駄なクリックを発生させてしまっている可能性もあるため注意が必要である。クリック率が高い広告文を見た際は、必要としているユーザー層を集客できているかどうかについて注意する必要がある。例えば、BtoB向け商材であるのに、ToC向けのユーザーも集客してしまう広告文である場合、クリック率が低い広告文の方が法人向けのユーザーに絞りこめている可能性もあるため、一概に悪い広告文とは言えない。このような場合はコンバージョン率も加味して判断することが大切である。

2)ABテスト実施の設定は正しいか、データは十分に集まっているか?

2点目に注意するべき部分として、ABテスト実施の設定やデータ数に注意すべきである。ABテストの設定が最適化となっている場合、クリック率の高いクリエイティブが優先的に配信される可能性が高いために、上記のような誤った最適化を行われてしまう恐れがあるので注意が必要である。また、データ数が少ない場合はたまたま成果が良く見えてしまう可能性があるため、比較するクリエイティブについて一定数のデータが溜まった状態で判断することが必要である。配信量にもよるが、2週間~1か月はABテストを行った方が統計的に有意な結果を得ることができるだろう。

まとめ

今回はリスティング広告でのABテストを実施するコツについてご紹介した。ABテストは数多く実施すれば良いというわけではなく、正確に、かつ、影響度の高いテストを実施することで成果を最大限に発揮させることができる。リンクルではこれまでの運用実績や最新の手法を生かして、リスティング広告の成果改善を行ってきた例が数多く存在する。なかなか広告の成果が改善されない、現状の成果に満足が行かずにさらなる効果改善を望みたいとお悩みの方はぜひ下記よりお気軽にお問い合わせいただきたい。

K.T.

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2019/07/17

YDN

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

リマーケティング広告

初心者必見

2019/06/28

Facebook広告

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

YDN

スマートフォン広告

リマーケティング広告

初心者必見

機能

2019/06/21

GDN

Googleディスプレイネットワーク広告

YDN

リマーケティング広告

初心者必見

動画広告

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ