リスティングコラム

COLUMN

【2019年5月最新版】LINE広告の新しい広告配信機能の1つ「LINE Dynamic Ads」についてご紹介!

SNS

【2019年5月最新版】LINE広告の新しい広告配信機能の1つ「LINE Dynamic Ads」についてご紹介!

このコラムをご覧のみなさんの中にはLINE広告の運用をお考えの方もいるのではないだろうか。LINE広告の中にも様々なクリエイティブや配信面、配信フォーマットが存在する。前回までのコラムでは複数存在するLINE広告の広告配信機能、「LINEデモグラフィックデータ配信」と「Cost Per Friends(CPF)」についてご紹介した。(参照:【2019年4月更新】LINE広告の広告配信機能の1つ「LINEデモグラフィックデータ配信」についてご紹介!)(参照:【2019年4月更新】LINE広告の広告配信機能の1つ「Cost Per Friends(CPF)」についてご紹介!)今回は「LINE Dynamic Ads」についてご紹介する。ぜひ参考にしていただければ幸いである。

LINE Dynamic Ads

Webサイトにおけるユーザーの商品の行動履歴(閲覧履歴)に基づき、興味がありそうな特定商品を広告表示し、クリックやコンバージョンを促すインフィード型のダイナミックリターゲティング広告である。また、商品ごとに遷移先を設定できるため、より効率的に再来訪や購入を促進できる。利用データの計測などを行う「LINE Tag(Webサイト上での商品の閲覧や購入、会員登録の実施などのユーザーの行動を計測するためのトラッキングコード)」を利用し、広告主のWebサイト上でのユーザーの行動データを蓄積・解析することで、ユーザーの好みや興味関心に合った広告を配信することが可能である。そのため、ユーザー一人ひとりに向けた配信最適化ができる。また、ユーザーの行動履歴にもとづいた広告配信は、ユーザー自身がいつでも停止・再開を設定することができる。

参照:【LINE】運用型広告「LINE Ads Platform」の新メニューとしてダイナミックリターゲティング広告「LINE Dynamic Ads」を提供開始
    LINE AD CENTER

配信詳細

対応業種や配信面についてご紹介する。

対応業種

ファッション専門EC
ツアー予約
航空券
ホテル予約
不動産
人材

ファッション専門ECでの注意点

1)ファッション専門ECで性別問わず事前にフィードから除外しなければならない商品

・「下着・ランジェリー全般」「水着」「コスプレ」などの商品
・ファッションに該当しないカテゴリ/商品を含む場合
 例)「家具/インテリア」「家電/電化製品」「化粧品」「食品全般」など

2)ファッションを専門としない、EC/総合通販/総合モールは対応業種外となる。

3)ブランド買取(中古品)は対象業種外となる。

4)LINEガイドラインに接触する場合は実施不可。

LINEデモグラフィックデータ配信

年齢
性別
地域
興味関心

LINEオーディエンスデータ配信

ダイナミック広告(DPA)用のイベントで作成されたオーディエンスのみ(商品ページ、カートページ、コンバージョンページ)

配信面

タイムライン
LINE NEWS
LINEマンガ
LINE BLOG
LINEポイント

※配信面により配信されるフォーマットが異なるので注意が必要である。

配信フォーマット

データフィード

類似配信

不可

まとめ

今回はLINE広告の広告配信機能の一部「LINE Dynamic Ads」についてご紹介した。LINE Dynamic Adsだけでなく、LINE広告には広告配信機能は複数存在するので、次回以降のコラムでもご紹介しようと思う。リンクルでは様々な商材やサービスでWEB広告の運用実績があり、LINE広告もそのうちの1つである。SNS広告を始め、WEB広告にご興味がある方、効果改善を望みたいとお悩みの方は是非下記よりお気軽にお問い合わせいただきたい。

N.S.

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ