リスティングコラム

COLUMN

【新入社員必見】リスティング広告で効果改善をするための3つのポイントとは?

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

初心者必見

右も左もわからない。そんなリスティング初心者が見るべき広告運用のポイントをご紹介!

このコラムは”リスティング広告の運用をこれから始める”、もしくは、”広告運用を開始したが中々成果が思うようにあがらない”といったリスティング広告運用初心者の方々に是非とも読んでいただきたい内容である。広告運用の中でもキホンのキの字の部分ではあるが、裏を返せばどのような広告を配信する上でも必ずチェックするべき重要な項目ということでもある。”どのように広告を運用すれば良いのか分からない”といったリスティング広告運用初心者の方々の成果改善の一助となれば幸いである。(参照:AdWordsヘルプ)

リスティング広告で効果改善をするための3つのポイントとは

リスティング広告をはじめとする運用型広告では、継続的にアカウントを分析し、仮説と検証を繰り返していくことで徐々に成果を改善していくことが可能である。アカウントを運用する際に、ぜひとも確認して欲しい3つのポイントをご紹介する。

効果の高いキーワードを見つける

キーワードはキャンペーンの動力源であり、目的のユーザーに広告を表示するには、適切なキーワードを選択する必要がある。また、目標達成に貢献しているキーワードを把握するために、キーワードの掲載結果を定期的に確認する必要がある。キーワードが期待通りの効果を上げているかどうかを確認するため、コンバージョンを獲得しているキーワードをコンバージョンデータ順で並び替え、最も効果的なキーワードを特定する。

・コンバージョンでキーワードを並べ替えると、コンバージョン数が最も多いキーワードを特定することが出来る。
・コンバージョン率でキーワードを並べ替えると、コンバージョンにつながる可能性の高いキーワードを特定することが出来る。
・コンバージョン単価でキーワードを並べ替えると、1 回のコンバージョンの平均費用を把握することが出来る。

コンバージョンデータを分析することで、どのキーワードが成果に結びついているのかが明確になる。一般的には、コンバージョン率が高く費用の低いキーワードがあればそのキーワードの配信を強化し、コンバージョン率が低く費用の高いキーワードがあれば配信を見直すことをおすすめする。

品質スコアを確認して広告の関連性を評価する

Googleアドワーズでは、広告の表示につながる検索が行われるたびに、その検索に対する広告の品質が計算される。品質スコアは、広告、キーワード、ランディングページの関連性の高さを算出した推定値であり。これは、広告とキーワードが顧客の利便性を高めているかどうかを判断する材料にもなる。以下は、品質スコアに影響を与える主な要素の例である。

・推定クリック率: 該当するキーワードで表示された広告がクリックされる可能性を表す指標であり、算出時に広告の掲載順位は考慮しない。
・広告の関連性: キーワードと広告の関連度を表す指標。
・ランディングページの利便性: 広告をクリックしたユーザーに対する、広告とランディングページの関連性と利便性を表す指標。

他のすべての条件が同じであれば、キーワードの品質スコアが高いほど1クリックあたりの発生するコストが低くなり、広告の掲載順位も向上する。広告の品質を高めることで、現状の予算のままでも広告の表示回数やクリック数を増やすことができ、投資収益率が向上する。ぜひともチェックしておこう。

広告表示につながった検索語句を把握する

ユーザーが検索に使っている検索語句を分析することで、ユーザーがビジネスを認知したときに、何を探していたのか把握することができる。検索語句レポートを分析することで、これまで考えもしなかった新しいキーワードを見つけることができ、異なるキーワードを使用することでより多くの顧客に広告を表示するチャンスが生まれる。反対に、ビジネスと関連性が低い、収益につながっていない検索語句がある場合は、その語句を除外キーワードとして追加することにより取り扱っていない商品を探しているユーザーを広告の掲載対象から除外し、キャンペーンの費用対効果を改善できる。たとえば、女性向けの運動靴だけを販売しているのに、検索語句「メンズ サッカー シューズ」で広告が表示されている場合には、「メンズ」を除外キーワードに設定することで無駄な費用を抑えることができる。

まとめ

ここまでアカウントを運用する際にぜひとも確認していただきたい3つのポイントをご紹介したが、上記にも述べたとおり、成果改善をしていくためには継続的にアカウントを分析し、仮設と検証を繰り返していく必要がある。リンクルでは、お客様それぞれの業界に適した広告配信手法を熟知しており、そのなかでもPDCAサイクルを継続的に回すことで、これまでも多くのお客様に満足の声を頂いている。些細な事でも、何か疑問や興味を持たれた方はぜひ下記より、リンクルまでお問い合わせください。

K.Y

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2018/09/20

GDN

Googleディスプレイネットワーク広告

YDN

2018/09/07

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

クリック単価

初心者必見

動画広告

機能

2018/09/04

Facebook広告

Instagram

SNS

スマートフォン広告

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

初心者必見

2018/08/30

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Yahoo!リスティング

YDN

初心者必見

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ