リスティングコラム

COLUMN

【リスティング広告改善施策】リスティング広告で配信している検索キーワードの改善を図る方法とは?

Googleアドワーズ

キーワードの見直し、改善を図る方法とは?配信している検索キーワードの改善を図り、広告の掲載結果を高めよう!

皆さんはリスティング広告で成果が優れない状況になった際、どのような改善を行っているだろうか?リスティング広告はキーワード、広告クリエイティブ、入札単価、品質など様々な要素で改善を図ることができ、その時々でそれぞれの要素で改善点が存在する。広告はユーザーがいかに興味を持ち、購入や申し込み獲得までこぎつけるかが成果となり、成果を獲得する方法に不変の答えは存在しないと筆者は考える。そのため、キーワードや広告クリエイティブなどそれぞれの要素でいかに多くの改善施策を習得しているかは重要になるだろう。そこで本コラムでは、様々な要素の中からキーワードをピックアップし、キーワードの改善を図るための方法について、ご紹介する。是非日頃の広告運用の一助となれば幸いである。

検索キーワードの改善方法(Google広告管理画面上での改善方法)

それでは早速検索キーワードの改善施策についてご紹介する。

キーワードの関連性を改善する

配信するキーワードは取り扱う商材やサービスと関連性の高い語句を選定する必要がある。例えば、飲食店のバイトを探しているユーザーに対して、飲食店の予約サイトへの集客アプローチを行うなどのニーズのズレをできる限り発生させないために重要である。また、クリック率の向上により品質スコアの改善にも寄与する。キーワードの関連性を高める方法はいくつか存在する。

・1語のキーワードだけでなく、2語や3語で構成される複数の語句を使用したキーワードを配信する。

先程の例でいうと、「飲食店 バイト」といった検索キーワードを登録するだけでも検索キーワードとユーザーのニーズは関連性の高いものになる。

・広告文と関連性の高いキーワードを登録する。

キーワードと広告文の関連性を高めることで、クリック率や品質スコアなどの改善を図ることができる。例えば先程の飲食店のバイトに関する広告を配信したい場合、ホールのバイト募集であるのか、キッチンのバイト募集であるのかを広告グループを分け、それぞれ「ホール」「キッチン」というキーワードを登録、広告文内にも含ませることをおすすめする。

キーワードのマッチタイプを変更する

続いて、キーワードのマッチタイプを変更することで広告の掲載結果を高める方法についてご紹介する。キーワードのマッチタイプを最適化させることで、より目的のユーザーにのみ広告を配信することができる。キーワードのマッチタイプを改善する上で、検索キーワードだけでなく、検索語句にも注目していただきたい。例えば飲食店のバイト求人の広告掲載の場合、「飲食店 バイト」という部分一致のキーワードを使用しているとする。「検索語句のマッチタイプ」別に分割表示することで、設定したキーワードの部分一致、フレーズ一致、完全一致となる検索語句の掲載結果データが確認できる。確認したデータで、「飲食店 バイト キッチン」などのフレーズ一致パターンで検索しているユーザーからのクリック率が最も高い場合、現在部分一致として登録している「飲食店 バイト」をフレーズ一致として登録し、部分一致を停止させると良いだろう。

フィルタを使ってキーワードを改善する

管理画面のフィルタを使用することで、成果の低いキーワードを把握することができる。例えば、ステータスでフィルタをすることで、品質スコアが低いがためにほとんど表示されていないキーワードを把握することができ、そのキーワードに適した広告文などを採用することで、検索トラフィックが増加する可能性がある。成果の低いキーワードの確認方法の一部を下記にてご紹介する。

・品質スコア

品質スコアでフィルタをすることで、品質スコアが低いキーワードの把握をすることができ、ランディングページや広告文との関連性を高めるような変更を加えると品質スコアが改善される可能性がある。

・クリック率

クリック率でフィルタをすることで表示は多いが、クリックされる割合が低いキーワードを把握することができる。データに合わせて、広告との関連性を高めるよう変更することで改善できる可能性もある。

・First Page Bid の見積もり

First Page Bid の見積もりでフィルタを使用することで、検索結果の最初のページに広告を表示するために必要と考えられる入札単価を下回っているキーワードを確認することができる。これを基にキーワードのクリック単価を引き上げることで、検索結果画面の最初のページに表示されるようになる。

参照:検索ネットワーク用キーワードの改善(Google公式ヘルプ)

まとめ

本コラムではGoogle広告管理画面を上手く活用して検索キーワードの改善する方法の一例をご紹介した。広告の成果が優れなくなってきたという方は是非、今回の内容を活用して、改善を図っていただきたい。リンクルでは広告の成果が優れない広告主様の成果改善を得意としており、非常に多くの業種の広告主様の売り上げ拡大に貢献してきた実績がある。現状の成果に満足いかない、さらに売り上げを拡大していきたいとお考えの方は是非下記よりお問い合わせいただきたい。

S.T.

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2020/08/03

Facebook広告

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Instagram

Yahoo!リスティング

YDN

機能

2020/07/30

YDN

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

2020/07/24

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

スマートフォン広告

2020/07/23

GDN

Googleアドワーズ

初心者必見

品質インデックス、品質スコア

2020/07/22

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

リマーケティング広告

2020/07/09

Googleアドワーズ

初心者必見

機能

2020/07/06

初心者必見

動画広告

2020/07/02

Facebook広告

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

2020/07/01

GDN

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

YDN

初心者必見

2020/06/30

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

初心者必見

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ