リスティングコラム

COLUMN

【Instagram広告】ストーリーズ広告で成果が出るクリエイティブのコツとは?配信面の特徴を踏まえた広告を作成し、効果を最大限に高める方法についてご紹介

Instagram

Instagram広告のストーリーズで成果を上げるコツとは?

このコラムをご覧のみなさんの中にはFacebook広告やTwitter広告などのSNS広告を実施されている方も多いのではないだろうか。SNS広告と一括りにされることも多いが、それぞれの媒体のユーザー層や見せ方、特性などは異なる部分が多く、また、同じ広告媒体でも配信枠によってはクリエイティブを変えるといった工夫が必要な場合もあるのである。今回のコラムではInstagram広告の中でもストーリーズ広告(Instagramのストーリーズに配信する広告)に焦点を当てて、どのようなクリエイティブが効果的かについてご紹介させていただく。ぜひ皆様の運用や制作の一助となれば幸いである。

ストーリーズ広告における効果的なクリエイティブとは?

それでは早速ストーリーズ広告のクリエイティブにおいて有効な考え方についてご紹介させていただく。

1)アプローチ

速いテンポで利用者の注意をそらさない: ストーリー広告は最大15秒であるが、興味がない、なくした場合はすぐに次のストーリーへと進んでしまわれるため、テンポ良くやキャッチのあるクリエイティブが重要となってくる。
ストーリーズファーストで作成する:ストーリー広告は他の配信枠と異なるサイズとなっているため、Facebook広告やInstagram広告からクリエイティブを転用する場合は重要な情報がトリミングされて削除されていないかなどを注意していただきたい。
複数のシーンを使用する: 上記のテンポとも関連するが、分かりやすく、テンポの良いシーンで構成することでユーザーのエンゲージメントを高めることができる。
動きを活用する:動画を活用するのが効果的だが、制作などの問題がある場合は静止画を複数枚使うなど動きをつけることでパフォーマンス向上につながるだろう。
目的に合ったモバイル動画をテストする: 携帯電話で撮影したような一般の投稿に寄せた動画(オーガニック動画)とプロの会社がスタジオで撮影した動画があると思うが、目的に応じて分けることが可能である。広告想起や購入意向においてはオーガニックな動画に寄せた方が成果良く、ブランド認知の面ではプロが撮影した動画の方が効果的な傾向にある。
動画と静止画を組み合わせる:静止画だけ、動画だけではなく、複数のクリエイティブを合わせて活用することでより効果的なパフォーマンスが可能となってくる。

2)ブランド

ブランドファースト:ブランディングを行いたい、活用したい場合はクリエイティブの先頭にロゴやブランド要素を配置することでユーザーの関心を引くことができる。
目的に合ったデザインにする:ブランディング目的の場合は利用者に広告の焦点を合わせ、コンバージョン獲得が目的の場合は、商品に焦点を合わせていくと良いだろう。
価格の表示を少なくする: 価格の情報が含まれていない広告のほうが、購入やブランド認知度の面で高い効果を発揮することが多い。

3)フォーマットと動作

利用者に注目される場所とテキストをうまく組み合わせる: ユーザーの視線が集まる場所に「カートに追加」のようなアクションを促すテキストを載せることでエンゲージメントを上げることが可能である。
サウンドで効果を高める: サウンド付きの広告を作成することが効果的なケースが多い。
戦略的にオーディエンスのアクションを促す:「上にスワイプ」や「こちらから購入」アクションを促すテキストや矢印などを加えることが効果的である。
テキストオーバーレイで重要な情報を強調する:テキストが多すぎると重要な情報が埋もれてしまうため、重要なメッセージに絞ることも重要である。

Facebook広告ヘルプ:ストーリーズ用クリエイティブのベストプラクティス

まとめ

今回はInstagramストーリーズ広告における効果的なクリエイティブについてご紹介させていただいた。ストーリーズ広告はInstagramニュースフィード広告など一般的な広告を行っていれば設定自体は簡単であるものの、成果を最大限発揮するためにはストーリーズ広告に合わせたクリエイティブ制作、配信設計が重要となってくる。もし現状の成果に対してどのようにパフォーマンスを向上していけば良いか分からない場合には、運用経験が豊富な代理店に広告運用を任せてみることで、商材やサービスに合わせた最適なご提案ができると思われる。興味のある方はぜひ下記よりお気軽にお問い合わせいただきたい。
K.T.

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2020/02/10

Facebook広告

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Yahoo!リスティング

YDN

2020/02/07

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

2020/01/30

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

2020/01/28

GDN

バナーのノウハウ

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ