リスティングコラム

COLUMN

【toB企業編】リスティング広告、初めにどう運用しよう?リスティング広告を始めたての時の運用方針の立て方

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

初心者必見

リスティング広告について

皆さんは、リスティング広告をご存知であろうか。リスティング広告は、GoogleやYahoo!の検索結果画面に表示させることができる広告であって、ユーザーが検索したキーワードに対してそのキーワードにあった広告を表示させることができる広告である。ユーザーが検索行動という、あるサービスを求めて積極的に行動を行っている際に、広告表示を行うことができるので、非常にサービス活用意欲の高いユーザーを集客することができる方法である。そのため、まずウェブ広告を行ってユーザーをサイトへ集めたい!とお考えの方が初めに取り組まれるべき広告であろう。一方で、リスティング広告は、バナー広告などと違って、検討するべき要素が、どのキーワードでどの広告文を表示するのかというこであるために、かなり自由度が高く、初めに何から始めていけばよいのかわからないといった読者の方も多いであろう。今回のこのコラムでは、リスティング広告を始める際の指針についてご紹介しよう。toB向けのリスティング広告とtoC向けのリスティング広告ではやや指針が異なるため、今回はtoB向けの広告についてご紹介する。是非参考にして今後の広告運用にお役立ていただきたい。

toB向けのリスティング広告

①キーワードについて

まず行うべきことはどのキーワードで広告を配信するのかということである。toB向けの場合、多くの場合、メインとなるキーワードが存在しているであろう。弊社であれば「リスティング広告代理店」であるが、自身の配信したい商材を使用したいと考えておらえるユーザーが検索するであろうメインキーワードをまず選定すべきである。このメインとなるキーワードが決定すれば、このメインキーワードは常時掲載を行えるような予算はまず確保すべきである。toB向け商材においては、そのサービスを利用したいと考えておられる方の母数がtoCと比較して基本的には少ないので、1件1件のコンバージョンを大切に、メインとなるキーワードを検索しているユーザー様に対しては確実にアプローチできる環境が必須となる。もし、メインとなるキーワードを十分に配信できる予算が確保できない場合には、例えば自社の強みと掛け合わせてもう少しメインキーワードを絞ってもよいであろう。例えば、安さが売りなのであれば、「メインキーワード」×「安い」、多機能さが売りならば「メインキーワード」×「多機能」等、メインキーワードの中でもより絞り込むことで調整すると良いであろう。

②配信時間帯について

toB向けの広告の場合、よくお問合せされるのが、配信時間についてである。toB向けならば土日の広告配信を止めてもよいのではないかとお考えの方もおられるが、基本的には、全曜日全時間帯配信をお勧めする。リスティング広告の場合、「検索しているユーザー」に対して広告を配信するため、例えば土日であったとしても、上記で書いたメインキーワードで検索しているユーザーが存在しているならばアプローチすべきであろう。こちらもアプローチ機会を逃さないという点からも全曜日全時間帯配信をおすすめする。

③その他toB向けのリスティング広告で注意すべき点について

toB向けの広告で特徴的なのは、基本的に検討期間が長いということである。検討期間が長いということは、競合他社と比較する時間が長いということであるので、見込みユーザーが検索行動を行っていないときにもアプローチを行う必要がある。そこで、リマーケティング広告が有効となる。リマーケティング広告は、一度サイトへ訪れたユーザーに対して検索行動を行わず、サイトを回遊している際にもアプローチできる広告であって、少なくとも自社の商材の平均検討期間は追跡を行うべきであろう。こちらを行うことによって、リスティング広告の効果も向上し、相乗効果が見込まれることとなる。

まとめ

今回は、toB向けのリスティング広告を始める際の指針についてご紹介した。もちろん、これらは著者の意見であり、かつ商材によっても変わってきてしまうものであるので、もし自身の商材によって最適な運用方針を知りたいとお考えの方はお問い合わせいただきたい。リンクルでは、toB、toC問わず幅広いクライアント様のウェブ広告をお手伝いして、共にビジネスの成長を行っている。是非、現状の広告をもっと最適化したい、さらにウェブ広告を使ってビジネスを拡大していきたいとお考えの読者の方は下記よりリンクルまでお問合せ頂きたい。

S

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ