リスティングコラム

COLUMN

部分一致キーワード、有効に活用できていますか?リスティングの成果を決める活用法とは?

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

クリック単価

品質インデックス、品質スコア

運営のコツ

部分一致のキーワード、うまく活用できていますか?

このコラムをご覧になっている方の中には、部分一致キーワードの取扱いで困っていらっしゃる方もいるのではないだろうか。部分一致キーワードは思いもせぬキーワードでのコンバージョンが期待できる一方、配信を強めすぎるとニーズが低い検索クエリに対しても反応してしまうのが部分一致キーワードである。今回はそんな部分一致キーワードの活用方法について詳細に述べる。運用の一助となれば幸いである。

部分一致キーワードの考え方

部分一致キーワードの位置付けを見るために、まずはマッチタイプ全体に関して述べていく。(参考:リスティング広告のマッチタイプ(完全一致、部分一致、フレーズ一致)の特徴と効果を徹底比較)マッチタイプには、完全一致、フレーズ一致、絞込部分一致、部分一致の4種類が主として存在する。完全一致はキーワードの語数、その順番が完全に一致する際に反応する。フレーズ一致は、登録したキーワードが、そのままの順序で含まれる限り、その前後に他のキーワードが含まれている場合でもヒットする。絞込部分一致とは+がついているキーワードを含む際にその順序に関わらず反応する。部分一致は登録したキーワードに関連する検索クエリに対しても反応する、拡張性の高いマッチタイプである。今回は、この中でも特に部分一致に絞って解説を進めていく。

部分一致の特徴とは?

部分一致というマッチタイプにはいくつかの特徴がある。ここではまず、その特徴について述べる。

①拡張性が非常に高い

まず部分一致の特徴の一つはその拡張性の高さであろう。こちらが意図していない、非常にニッチな検索クエリに対して反応し、CVに至ることがある一方、全く関係ないキーワードに対して反応することがあり、無駄な広告費を使う一因にもなってしまう。

②クリック単価は比較的安い

ニッチなキーワードに対しても反応するため、比較的クリック単価は安くなる傾向にある。

これで大丈夫!部分一致の有効な活用法

では次に、部分一致キーワードの有効な活用方法について紹介する。

①CVが取れるキーワードを精査する

部分一致キーワードの重要な考え方の一つとして、まずこのCVが取れるキーワードを精査するというものが存在する。部分一致キーワードは拡張性が高く、ニッチなキーワードでも反応するが、その中で反応しやすいキーワード、CVをとりやすいキーワードというのが存在する。そういったキーワードを完全一致、ないしは絞込部分一致のキーワードとして登録することでそのワードに対して入札調整をすることが可能だ。よく、部分一致のキーワードとして反応しているのだから問題ないのではないか、という声をきくことがあるがそうではない。実際に登録することでそのキーワード自体の動向を追うことができる。そのようにすれば、過去CV獲得できたワードに注力して配信をすることが可能となり、費用対効果の改善に繋がる。

②入札を高くいれすぎない

次に重要なのが、部分一致のCPAがよいからといって入札を強めすぎないことだ。部分一致キーワードは拡張性が高い。入札を強めると、不要なワードにも多く反応し、結果として成果が下がるということが往々にして発生する。部分一致のキーワードでCVが取れたらラッキーというくらいに考えておこう。

③キーワード除外の徹底

部分一致キーワードを使う際は、検索クエリを注視し、不要なものは除外キーワードとして登録をするようにしよう。そうすることで、費用対効果が良くなる。一方であまりにもニーズと合致していない検索クエリに対して反応しているとなれば、キーワードを変えるなど、別の施策を打つ必要性があるだろう。

部分一致キーワードをうまく活用し、費用対効果の最大化を図ろう!

今回のコラムでは部分一致mpキーワードの活用方法について紹介したが、いかがであっただろうか。こちらをうまく使いこなすかどうかで、リスティング広告の成果の可否は大きく変わってくる。こういったことまで留意して運用できるのが運用特化型のリンクルならではの特徴の一つだと考えている。こういった運用方法に興味のある方は下記よりお問い合わせください。
 
N.H

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2017/12/14

Googleアドワーズ

初心者必見

運営のコツ

2017/12/12

DSP

GDN

Google Analytics

Yahoo!リスティング

YDN

スマートフォン広告

その他

運営のコツ

2017/12/05

GDN

Google Analytics

SNS

Yahoo!リスティング

YDN

リマーケティング広告

運営のコツ

2017/12/01

GDN

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

YDN

スマートフォン広告

その他

運営のコツ

2017/11/28

DSP

GDN

Google Analytics

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

YDN

バナーのノウハウ

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

リマーケティング広告

2017/11/27

GDN

Googleアドワーズ

SNS

Yahoo!リスティング

YDN

事例

初心者必見

商品リスト広告

2017/11/23

GDN

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

YDN

アドテクノロジー

スマートフォン広告

リマーケティング広告

2017/11/21

Facebook広告

GDN

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

YDN

メディア運営

リマーケティング広告

初心者必見

運営のコツ

2017/11/20

SNS

その他

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ