リスティングコラム

COLUMN

検索キーワードを活用して、リスティング広告のマーケティングを更に活性化し、売上最大化を図ろう!

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

その他

検索キーワード、検索クエリを活用して、マーケティングに活かそう!

皆さんは、リスティング広告の検索キーワードの傾向、検索クエリを活かした運用ができているだろうか。もし、このキーワードがCV獲得できているから更に配信を強化しよう、このキーワードは成果が悪いから配信を抑えよう…これは重要なことではあるが、これだけだとなかなか前には進めないこともあるのではないかと思う。リスティング広告はもちろんそれ自体に大きな効果があるが、ユーザーがどのようなことを考えているのか、どういったニーズがあるのかを知るのにも活用ができる。Webの成果が頭打ちになってしまっている、連動が上手くいかない…そんなことでお悩みの方に、今回はリスティング広告の検索キーワード、検索クエリを活用した配信手法に関してご紹介する。Web広告の成果をさらに挙げていきたい、もっと細分化して成果改善したい…その一助となれば幸いである。

リスティング広告の配信結果を活かす!その方法とは

では早速下記にリスティング広告のキーワードの配信結果を活かしていく方法をご紹介する。

①入札に活用

CPAが安く、かつ多くのコンバージョンを獲得できるキーワードは、絶対に逃したくないキーワードである。逆に、どれだけ配信してもCV獲得できないキーワードは、すぐにでも配信を抑えたいものである。実際のコンバージョン獲得状況から、コンバージョンが獲得できるキーワードには入札を強化し、上位掲載し、コンバージョンが獲得できないキーワードに対しては配信を弱めることで、費用対効果の改善につなげることができる。これらはまさに、リスティング広告の基本中の基本だが、非常に重要なことである。

②検索キーワードからユーザーの動向を掴む

これはやや高度なテクニックである。検索キーワードからユーザーの動向を掴み、それをマーケティングに活用することで、リスティング広告のキーワードの配信結果をデータとして他の施策へ活かすことができる。では、実際に下記に具体例を挙げさせて頂く。

・「とは」の検索が多い

「とは」はまさにそのキーワードのことを知りたいニーズである。これはニッチな商品や、マイナーなサービスなどで検索されることが多い。このキーワードはもしかしたら、成果があまり良くないかもしれない。なぜなら、「とは」で検索するユーザーは、そのキーワードのことを知りたいユーザーであって、コンバージョンに至りづらいユーザーの可能性があるためである。しかし、これは一方でマーケティングにおけるチャンスともいえる。「とは」で検索してくるユーザーはその商品のことを知りたがっており、そのユーザーに対して適切な説明ができれば、コンバージョンに至る可能性がある。実際には、「とは」で検索したユーザーにはそのキーワードを説明したページをで誘導したりとか、「とは」のボリュームが多い時に、そのキーワードを説明した記事を充実させることで、SEOからの流入を高めることができるであろう。

・部分一致キーワードから、ニーズを察知する

例えば、あるサプリの運用をしていたとしよう。そのサプリの部分一致キーワードを見ていると、肌荒れやしみといったキーワードで反応、CVに至っていたとする。もちろんこういった肌荒れや、しみといったキーワードでの配信を強化することでCVを増やすこともできるが、更に一歩踏み込むことが可能である。例えば、LPの内容を肌荒れに困っているユーザーに対する訴求を強めてみたり、広告文でしみのユーザーに刺さりやすい広告文を作製して配信することで成果改善が見込まれるであろう。

リスティング広告はデータの宝庫!

今回は検索キーワードの活用方法についてリスティング広告での活用方法はもちろん、更に広くマーケティングで利用するための活用方法について述べた。リスティング広告でのデータは更にいろんなことに活用できる幅があり、それを元にマーケティングを行うことで売上拡大を狙うことができるであろう。戦略的Webマーケティングに興味のある方は下記よりお問い合わせください。

N.H

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2018/10/01

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

アクセス解析

アドテクノロジー

カスタマー・エクスペリエンス

機能

2018/09/24

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

アドテクノロジー

エクスペリメントマーケティング

カスタマー・エクスペリエンス

初心者必見

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ