リスティングコラム

COLUMN

グーグルタグマネージャー(Google Tag Manager,GTM)におけるデータレイヤー(data Layer)とは?データレイヤーを活用していこう

アクセス解析

事例

機能

グーグルタグマネージャー(Google Tag Manager,GTM)について

皆さんは、グーグルタグマネージャーを活用されているであろうか。Google公式ヘルプの言葉を引用すれば、「Google タグマネージャーとは、ウェブサイトやモバイルアプリに含まれる「タグ」(トラッキング コードや関連するコードの総称)を素早く簡単に更新できるタグ管理システムです。タグマネージャーのコードの一部をプロジェクトに追加すると、ウェブベースのユーザーインターフェースから、分析と測定のタグ設定を安全かつ簡単にデプロイできます」とある。つまり、複数の広告媒体や計測ツールを扱っている際に、その都度タグを挿入する必要があり、管理も煩雑になってしまうところを、タグマネージャーを利用すればオンライン上で一元管理でき、かつタグの差し替え等も非常に簡便に行うことができるようになるのである。こうしたタグマネージャーであるが、直接ページにタグを埋め込む手法ではなかなか実装が難しい機能も、簡単に実装できる便利な機能がいくつか存在している。その中でも今回のコラムではデータレイヤーという機能について紹介しよう。ぜひ参考にして今後の広告運用にお役立ていただきたい。

 参考:タグマネージャーの概要-Google広告ヘルプ

 データレイヤーについて

データレイヤーとは、Googleヘルプの言葉を引用すれば「データレイヤーはウェブサイトからタグマネージャコンテナに情報を送信するJavaScriptオブジェクトです。その情報を使用することで、変数を設定したりタグ設定でトリガを有効化できます」とある。つまり。グーグルタグマネージャーの管理画面からでは取得することがむずかしい情報等をサイト側からグーグルタグマネージャーへ送信することができるという機能なのである。

 参考:データレイヤー-Google広告ヘルプ

データレイヤーの活用具体例

次に、データレイヤーの活用具体例を見てみよう。

お問い合わせにおけるフォームページとサンクスページのURLが変化しない場合

サンクスページが独立して、フォームページとはURLも違うかたちで存在する場合、トリガーをページビューで条件をサンクスページのURLを含むという方法で設定することが可能である。しかし、フォームページとサンクスページのURLが変更しないときには、そのような設定ではトリガーを作成することができない。この場合、データレイヤーを使用すれば、URLが変化しなくともサンクスページのソースコードにデータレイヤーでサンクスページを表すコードをタグマネージャーに送信すれば、コードを受信したことをトリガーとして設定可能となる。

ECサイトにおいて購入した商品の金額をタグマネージャーに情報として送りたい場合

ECサイトにおいてユーザーが購入した商品の金額を知るということは、何かしら既に変数が用意されており、そちらをグーグルタグマネージャーが参照できる構造でなければ難しい。一方で、データレイヤーを用いて商品の合計金額をタグマネージャーに送信すると、広告などでどういったユーザーがどれくらいの金額分だけ購入したのか等といった情報を分析可能になる。

ここまで例を二つほどご紹介したが、具体的な設定方法についてはやや複雑となるので、上記のGoogleのヘルプページを確認していただきたい。

まとめ

今回のコラムでは、グーグルタグマネージャーの機能の中でも特にデータレイヤーについてご紹介した。データレイヤーを活用すればサイトへ訪れたユーザーを、より詳細に分析できるようになるので、ぜひ活用していただきたい。リンクルではタグマネージャーを単なるタグの管理ツールとしてではなく、広告の成果改善の強力なツールとして利用している。ぜひ、現状の広告運用に満足がいかない、さらなる広告効果を追求していきたいとお考えの読者の方は下記よりリンクルまでお問い合わせいただきたい。

 380405

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2020/08/03

Facebook広告

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Instagram

Yahoo!リスティング

YDN

機能

2020/07/30

YDN

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

2020/07/24

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

スマートフォン広告

2020/07/23

GDN

Googleアドワーズ

初心者必見

品質インデックス、品質スコア

2020/07/22

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

リマーケティング広告

2020/07/09

Googleアドワーズ

初心者必見

機能

2020/07/06

初心者必見

動画広告

2020/07/02

Facebook広告

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

2020/07/01

GDN

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

YDN

初心者必見

2020/06/30

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

初心者必見

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ