リスティングコラム

COLUMN

Googleスマート自動入札でクリック単価を制御する?ポートフォリオ入札戦略でクリック単価の上限・下限を設定しよう

Googleアドワーズ

アドテクノロジー

クリック単価

機能

Googleスマート自動入札について

皆さんはGoogleのスマート自動入札を活用されているであろうか。Googleのスマート自動入札は、近年Googleが力を入れている手法であって、簡単に言えば、運用の自動化である。例えばリスティング広告であれば、どういったキーワードで広告配信を行うのか、といったことやどのような時間帯、デバイス、地域で配信するのかといったことは、従来はすべて手動で入札調整を行なう必要があったが、Googleのスマート自動入札を利用すれば、一回一回の広告オークションに対して、予め設定しておいた目標コンバージョン単価や目標広告費用対効果を達成するために、機械が自動的に入札調整を行うため、人間業では不可能な入札調整を行うことが可能となっている。一方でこのスマート自動入札には、制御できる項目が少ないという点でいくつか欠点もあるのだが、その欠点の一つとなりえそうな入札価格の上限下限に関して、Googleでは自動入札でありながらも調整する機能を持たせている。自動入札であるので、入札単価を制御するということは非推奨ではあるのであるが、今回のこのコラムではそちらの機能についてご紹介しよう。ぜひ参考にして今後の広告運用にお役立ていただきたい。

参考:スマート自動入札について

ポートフォリオ入札戦略

では、そちらの機能についてご紹介しよう。この、自動入札を行いながらも入札価格をある程度制御できる機能というのは、ポートフォリオ入札戦略と呼ばれている。ポートフォリオ入札戦略というものは、右上のツール→入札戦略から選べるものであるが、通常のキャンペーン単位のスマート自動入札と同様に、目標コンバージョン単価や目標広告費用対効果などを選択することができる。ここで作成したスマート自動入札戦略は複数のキャンペーンにまたがって使用することが可能なのである。ここの入札戦略を設定するときに詳細設定という項目があるのであるが、そちらを選択すると入札価格の上限・下限というものが設定できる項目が存在する。こちらに入札価格の上限・下限を記入することで、その金額以上もしくは以下の入札価格にならないように設定することができる。スマート自動入札を活用しており、クリック単価が非常に高くなることがあるが、その場合に1クリックにおけるクリック単価がを高すぎることがないようにしたい場合には、例えば、手動入札時に入札していた時の最大値程度の入札価格を入札価格の上限として設定することで、適切な入札金額の範囲内で自動入札が機能することとなるであろう。一方で、ある特定のキーワード群に関しては、例えCPAやROASが悪かろうとも常に上位表示を行っておきたいなどといった事情がある場合、例えばブランディング目的のためにある特定のキーワードに関しては上位表示しておきたいなどといったことは往々にしてあることであると思われるが、その場合には、その上位表示を行いたいキーワード群に関してはキャンペーンを分けて入稿し、そのキャンペーンに対して、入札価格の下限を設定したポートフォリオ入札戦略を設定することで、常にそれらキーワード群を上位表示させることが可能となるであろう。

参考:ポートフォリオ入札戦略とは

まとめ

今回のコラムでは、スマート自動入札機能を使用しながらも入札価格をある程度調整する方法をご紹介した。このコラムを参考に自動入札をうまく制御しつつ効果的な運用を行っていただきたい。リンクルではスマート自動入札も効果が出やすいよう工夫して広告運用を行っている。是非、現状の広告効果に満足がいかない。さらなる広告効果を追求していきたいとお考えの読者の方は下記よりリンクルまでお問い合わせいただきたい。

S

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2019/05/01

GDN

Googleディスプレイネットワーク広告

リマーケティング広告

初心者必見

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ