リスティングコラム

COLUMN

ウェブ広告のクリックについてあなたはどこまで理解していますか?Google AdWordsにおけるクリック数に関して知識を深めよう!

GDN

Googleアドワーズ

機能

Google AdWordsにおけるクリック数

皆さんは、Google AdWordsにおけるクリック数について気にかけたことはあるであろうか。クリックはGoogle AdWordsをはじめとしたクリック課金型の広告においては欠かせない重要な指標であって、どのようなときにクリックがカウントされるのか非常に気になる方も多いのではないであろうか。例えば、Google AdWordsで運用されている方ならば、一度は気づいたことがあるかもしれないが、まれに表示回数よりも多いクリック数が記録されている場合があったりすることもある。他にもクリックツールや意図的な多重クリックなどの扱いはどのようになっているのかということを正確に把握しておかなければ、無駄に広告費を使用しているのではないかと心配してしまう方も多いであろう。リスティング広告やバナー広告が表示され、それに対してユーザーが”クリック”するというのが通常のクリックの扱いであるが、今回は特殊なケースについてのクリック数の扱いについて2つご紹介しよう。是非参考にして今後のリスティング広告等の広告運用にお役立ていただきたい。

参考:クリック数とクリック率に関する問題

キーワードや広告の表示回数よりもクリック数の方が多くなってしまう場合

Google AdWordsのヘルプページ(上記の参考)によれば、下記三つの原因が考えられると記されている。それぞれ記載し、著者のコメントも付け加えさせていただく。

期間を [今日] に設定してレポートを表示している。1 日の中で、表示回数とクリック数は異なるタイミングで更新されるので、互いのデータを比較したとき矛盾が生じる可能性があります。

→この場合のクリック数は、ある意味正常なクリック数を示しているので、数日後にその日を見直せば表示回数よりもクリック数が少なくなるであろう。

商品を「比較検討」しているユーザーが複数の広告をクリックした。通常、検索結果ページはブラウザにキャッシュされるので、同じページを複数回表示しても Google に記録されません。そのため、表示回数よりクリック数が多くなる場合があります。

→例えば、広告をクリックして戻るボタンを押して検索結果ページに戻った後に、また同じ広告をクリックしてしまった場合、表示回数は加算されないがクリック数は加算されてしまう。

ユーザーが広告内の複数のリンクをクリックした。1 つの広告表示につき 3 回目以降のクリックは課金されません。それらの無効なクリックはデータから除外されます。

→これはサイトリンクとタイトルをクリックした場合が挙げられる。注意点として、3回目以降のクリックは課金されないと記載があるので、際限なく広告費が使用されるリスクは低いであろう。
このように、キーワードや広告の表示回数よりもクリック数の方が多くなってしまう場合は複数個考えられるが、すべて際限なく広告費が使用されることはなく、せいぜい1表示回数に対して2クリックが限度であることが見て取れる。

無効なクリックについて懸念がある場合

次に、無効なクリックについて、記載しよう。参考によれば、無効なクリックとは、ロボットや自動クリックツールによるクリックなど、Googleで「本物」と認められないクリックのことであるとの記載がある。この無効なクリックについては課金対象にならないというのは周知の事実であるが、この無効なクリックの取り扱いについてどのように理解していらっしゃるであろうか。無効なクリックは、アカウントの通常の統計情報から除外され、無効なクリックという列にカウントされることとなる。つまり、例えば無効なクリックが、あるアカウントで100回あったとすると、そのクリックは課金対象ではないのでクリック単価が低く見えるのではなく、そもそも統計情報から外されるので、クリック単価が変に低く見えるということもないのである。

まとめ

今回はリスティング広告やバナー広告で重要な”クリック”について、Google AdWordsの取り扱いを一部ご紹介した。クリック課金型の広告においてクリックというのは非常に重要な指標であって、正しい理解が必須であろう。リンクルでは、リスティング広告をはじめとするウェブ広告において正しい理解を持って広告運用を行っている。是非、現状の広告効果に満足がいかない、さらに広告効果を改善したいという読者の方は下記よりお問い合わせいただきたい。

S

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2018/05/22

Facebook広告

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Instagram

SNS

Yahoo!リスティング

YDN

リマーケティング広告

2018/05/15

DSP

Facebook広告

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Instagram

SNS

Yahoo!リスティング

YDN

リマーケティング広告

初心者必見

運営のコツ

2018/05/08

DSP

Facebook広告

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Instagram

SNS

Yahoo!リスティング

YDN

リマーケティング広告

2018/05/07

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Yahoo!リスティング

YDN

カスタマー・エクスペリエンス

運営のコツ

2018/05/02

Googleアドワーズ

初心者必見

品質インデックス、品質スコア

機能

2018/05/01

DSP

アドテクノロジー

その他

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ