リスティングコラム

COLUMN

Google Analyticsを活用してリピートユーザーの初回セッションを分析する為のセグメント方法

Google Analytics

アクセス解析

メディア運営

リピートユーザー(サイト訪問)の初回セッションを分析してサイトのリピート率を向上

多くのメディア運用者は、日々Google Analyticsなどのアクセス解析ツールを活用してサイトの分析を行っていることだろう。Google Analyticsは無料で使用できるアクセス解析ツールの中でも非常に強力なツールで、企業の約半数以上がGoogle Analyticsを使用しているとも言われている。そして、サイトの運用者が目指す指標の一つとしてユーザーのリピート率を向上させるというものもあることだろう。近年のように様々な競合がひしめきあっている状況だと初回訪問でユーザーがコンバージョンに至る可能性が低い為、サイトのリピート率を向上させることでコンバージョン数を増加させることができ、サイトの売上も上げることができる。今回は、Google Analyticsでリピートユーザーの初回セッションを分析する為のセグメント方法を紹介しよう。

Google Analyticsでリピートユーザーの初回セッションをセグメント設定する方法

①セグメントを追加

セグメント追加

②新しいセグメントを追加

今回のセグメントは、Google Analyticsのデフォルト設定にはない為、新しいセグメントを追加する。

新しいセグメントを追加

③セグメント設定

リピートユーザーの初回セッションのセグメントは複雑な設定が必要である為、条件のセグメントを活用してセグメント設定を行う。今回は、ユーザーベースとセッションベースの2軸でセグメントの設定を行う。ユーザーベースでは、セッションを1より多いという設定にすることでサイトに2回以上アクセスしたユーザーをセグメントすることができる。このユーザーベースのセグメントでリピートユーザーのセグメントを行う。そして、セッションベースでセッション数を1とイコールにすることで初回セッションのセグメント設定を行うことができる。ここでのセッション数は、ユーザーの累計訪問回数を示すディメンションである。その為、セッション数を1に設定することで累計訪問回数が1回のセッションに限定することができる為、初回セッションとみなすことができる。

セグメント設定

 

 

リピーターの初回セッションを分析することでリピート率向上のヒントを探る

サイト運営者にとって、サイトのリピート率向上は非常に重要となる。その為、リピーターの初回セッションを分析することは、リピーターがサイトへ訪問したきっかけを把握することができる。そして、リピーターがサイトへ訪問するきっかけとなるメディアなどの流入方法が分かれば、そのメディアへの露出を強化することでリピートが見込めるユーザーをサイトへ誘導することができる。これは、一例にすぎないがリピーターの初回セッションを深く分析することで、リピートが見込めるユーザーを獲得しやすくなり、サイトのリピート率向上を図ることができる。このようなサイト分析を活用した施策に興味がある方は、下記よりお問い合わせ下さい。

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2019/12/02

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

動画

動画広告

2019/11/25

Facebook広告

GDN

Google Analytics

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Instagram

Yahoo!リスティング

YDN

アクセス解析

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ