リスティングコラム

COLUMN

【初心者必見】Googleの動的リマーケティング広告(GDR)の設定方法についてご紹介

GDN

Googleディスプレイネットワーク広告

リマーケティング広告

初心者必見

【初心者必見】Googleの動的リマーケティング広告(GDR)の設定方法についてご紹介

このコラムをご覧になっている皆様の中には、Google動的リマーケティング広告を実施しようと考えているが、導入するのに必要な方法がわからず、実装まで至れていない方も多いのではないだろうか。Google動的リマーケティング広告は初めて実装を行う際にはハードルが高いように思われるが、コツをつかんでしまえばそれほど導入には工数もかからず設定することが可能である。そこで、本コラムではGoogleの動的リマーケティング広告(GDR)を設定する上で重要となるポイントについてご紹介できればと考えている。現状まだ実装されていない方はぜひ導入の一助となれば幸いである。

Google動的リマーケティング広告(GDR)の設定に必要なポイントとは?

それでは早速、Google動的リマーケティング広告(GDR)の設定についてご紹介する。設定において重要なポイントとしてデータフィードとタグの2つが挙げられる。

データフィード

データフィードについてはECサイトなどを運用されている方は既に作成されていることがほとんどであるため、既存のデータフィードを基にGoogleの規定に合わせてカスタマイズする方法が効率的である。また、既存のデータフィードがない場合は自分で作成することも可能である(レスポンシブ広告のフィードを作成する – リニューアル版 – Google 広告 ヘルプ)。自社の商材やサービスに合わせたパラメータを設定する必要があるため、ヘルプページを活用して設定してみていただきたい。ヘルプページを見ても良くわからないと感じるかもしれないが、商品(または、案件)ごとに必要な項目を記載した表を作成することで、データフィードの作成ができるため、まずは自分の商材やサービスで必要な項目がなにかを理解することで導入のハードルが下がると考えられる。また、既にショッピング広告などでGoogleマーチャントセンター(Google Merchant Center)上でデータフィードを作成している場合は、Google広告アカウントとGoogleマーチャントセンターアカウントを連携させることで動的リマーケティング広告のデータフィードとしても活用できるため、非常に簡便に設定可能である。

タグ

タグはユーザーがどのページを訪れたかを計測するために必要であり、そのページの商品情報とタグを一致させることが必要である(業種に応じたリマーケティング イベントとパラメータ – Google 広告 ヘルプ)。タグはそれぞれのページで商品IDを設定することも可能ではあるが、膨大な商品数の場合その工数も膨大となってくる。そのため該当ページの情報(URLやソースコード)から動的に必要な情報を取得する方法が必要となってくる。ECサイトや求人サイトにおいては特定のルールに基づいてURLやページ内の情報が設定されていることがあるため、それに合わせて動的に取得する方法を考える必要がある。もしサイト制作の担当者や企業と連携している場合は、相談してみると良いだろう。

まとめ

今回は、Googleの動的リマーケティング広告(GDR)についてご紹介した。通常のリマーケティング広告に比べてユーザーの訪問履歴に合わせた広告を配信することができるため、ぜひ活用してみていただきたい。リンクルではこれまでの運用実績や最新の手法を生かして、リスティング広告の成果改善を行ってきた例が数多く存在する。なかなか広告の成果が改善されない、現状の成果に満足が行かずにさらなる効果改善を望みたいとお悩みの方はぜひ下記よりお気軽にお問い合わせいただきたい。

K.T.

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2019/05/01

GDN

Googleディスプレイネットワーク広告

リマーケティング広告

初心者必見

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ