リスティングコラム

COLUMN

【初心者必見】Google Analyticsでシンプルに役立つ3つのデータ分析

Google Analytics

アクセス解析

初心者必見

機能

【初心者必見】Google Analyticsでシンプルに役立つ3つとは

LPやホームページの分析でGoogle Analyticsを活用している方が多い一方で、アナリティクスの機能が多すぎてどう活用すればよいか分からないという方もいるのではないだろうか。実際には100以上もあると言われている機能の中で、成果を改善するために最低限チェックすべき指標は実はそう多くない。今回のコラムでは、ややこしい説明は抜きにして、手っ取り早く重要な成果を見る方法をご紹介しよう。

コンバージョン獲得までの経路を一目で知る

たとえば、複数のWEB媒体を配信しており、どんなメディアからの流入がコンバージョンに至っているのかを確認したいとき、あるいは、初回接触からコンバージョンに至った参照元のプロセスを確認したいときに便利なのが「コンバージョン経路」だ。その閲覧方法とフィルタ機能の活用方法をご紹介しよう。

(閲覧方法)コンバージョン→マルチチャネル→コンバージョン経路

ディメンションで比較的よく使われるのが「参照元/メディアパス」だろう。たとえば「google/cpc」「yahoo/cpc」「indeed/organic」など細かく流入経路が確認できるのでおススメだ。また、セカンダリディメンションを使えば、ランディングページのURLなどのオプション項目も閲覧可能だ。
 
 ▼フィルタ機能の活用方法
 
・コンバージョン(目標が複数ある場合)
 (例)資料請求、問い合わせ、購入などそれぞれの数値を確認したい場合に有効。
 
 ・経路の数(デフォルト設定は2回以上)
 (例)経路の数を1回のみも含めてコンバージョンに至ったケースを確認する場合に有効。
 
 ・タイプ(Google広告に絞ってデータを閲覧することも可能)
 (例)Google広告にしぼって、直接および間接的なコンバージョンに寄与した経路を確認したいときに有効。
 

 目標到達までのプロセスを改善する

「流入数が多いのに、コンバージョンに至っていない」「お問い合わせなどのボタンはクリックされているのにコンバージョン数が伸びない」などの悩みを抱えている方も多いのではないだろうか。そんなときに便利なのが「目標到達プロセス」で、一度URLなどを設定すれば、フォーム入力から完了ページまでのコンバージョンした数や割合が分かる。以下の例を挙げてご紹介しよう。

(閲覧方法)コンバージョン→目標→目標到達プロセス

獲得プロセスで一般的に多いのが、「フォーム入力」→「入力確認画面」→「完了(サンクスページ)」の流れで、以下にて改善例をご紹介しよう。
 
・フォーム項目の見直し
フォーム入力ページへの流入数は多いが、入力確認画面ページへの誘導率が低い。
(例)入力項目が多いと離脱につながりやすいので、必要最低限の情報だけの入力にしてみる。
 
・完了ページにたどりつきずらい
入力確認画面ページまでの流入数は少なくないが、完了ページへの誘導率が低い。
(例)獲得につながるボタンなので、色のコントラストやレイアウトに注意してみる
 
・流入数がそもそも少ない
(外部から一定の流入数はあっても)サイト内からフォーム到達に至っている絶対数が少ない。
(例)フォーム入力ページに関連性の高いページからの導線を強化してみる。
 

課題のある改善すべきページを見つける

流入元からの直帰率、新規ユーザー数、滞在時間も含めて、コンバージョン獲得へのプロセスを見る方法として、以下にてご紹介しよう。

(閲覧方法)行動→サイトコンテンツ→ランディングページ

改善案として、以下のような考え方があるので例を挙げよう。
 
▼広告配信の強弱として
 
・コンバージョン率は高いが、流入数が少ないページ
(例)配信を強める(コンバージョンに至る導線を強化)
 
・流入数は多いが、コンバージョン率が低いページ
(例)配信を弱める(流入数や導線を減らす)
 

また、直帰したページに「加重」というフィルタをかけることができる。これは、直帰率が高いサイト順に並べ変えると、セッション数が1か2のページも少なくない場合に、一定のセッション数に対しての直帰率が表示されるので、より効果的な改善策を考えるヒントになるので、合わせて覚えておきたい。

まとめ

企業のWEB領域の担当者の方には、1日にWEB広告の運用に割ける時間が限られている方も多いと思われるので、今回はGoogle Analyticsにおいて、多くの機能からシンプルかつ簡単に重要な箇所を確認できる機能を紹介させていただいた。なお、セカンダリディメンションを使えば、細かいデータを見ることも可能なので、ぜひ試してほしい。また、プロフェッショナルな運用にご興味のある方はぜひ下記よりお問い合わせいただきたい。

(参照元)

M.Y.

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2020/11/26

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

2020/11/25

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

初心者必見

2020/11/24

GDN

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

YDN

初心者必見

2020/11/23

Facebook広告

GDN

Instagram

SNS

YDN

バナーのノウハウ

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

リマーケティング広告

2020/11/17

カスタマー・エクスペリエンス

初心者必見

2020/11/16

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Yahoo!リスティング

YDN

初心者必見

2020/11/11

SNS

YDN

リマーケティング広告

2020/11/10

indeed広告

初心者必見

2020/11/09

Facebook広告

運営のコツ

2020/11/05

GDN

Instagram

YDN

動画

動画広告

2020/11/03

Facebook広告

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Instagram

SNS

Yahoo!リスティング

YDN

カスタマー・エクスペリエンス

スマートフォン広告

2020/10/29

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ