リスティングコラム

COLUMN

Facebook広告でCV類似ユーザーターゲティングを行おう!コンバージョンに至る見込みの高い新規ユーザーをサイトへ集客する方法とは

SNS

アドテクノロジー

事例

機能

Facebook広告について

皆さんは、Facebook広告を活用されているであろうか。Facebook広告はFacebookの登録情報を基にしたターゲティングが出来るなど、他のウェブ広告媒体と比べて細やかなターゲティングが出来るということが大きな特徴である。例えば、よくFacebook広告で利用されるのは、まず第一にリターゲティング広告である。これは、一度サイトに訪れたユーザーがFacebook広告を利用している際に広告を表示させるというものである。次に利用されていることが多いのは、Facebookが用意しているある特定の興味関心を持つユーザー層に対するターゲティング手法ではないであろうか。Facebook広告は上記でも述べたようにFacebookの登録情報を基にユーザーをターゲティングできるので、精度の高いユーザーリストを作成することができ、自社のサービスに興味関心のあるユーザに届けるために非常に有効な手法であろう。さらに精度高く自社製品をFacebook広告を通してユーザーに届けるために、非常に有効な方法が存在しており、それはコンバージョン類似ユーザーに対するターゲティングである。今回のこのコラムではFacebookを利用したCV類似ユーザーターゲティングの方法とリンクル実績では効果の高いことの多いこのCV類似ユーザーターゲティングであるが、その理由を著者なりの解釈を基にご紹介する。是非参考にして今後の広告運用にお役立ていただきたい。

FacebookにおけるCV類似ユーザーに対する配信

Facebookはあらかじめオーディエンスマネージャーにてある特定のURLまたはピクセルを指定することによって、そのリストを作成することができる。そして、Facebookではこのユーザーリストを基にして類似ユーザーリストを作成することができるのである。また、このユーザーリストは類似度を決めることができ、1%が最もそのリストにいるユーザーの属性に近い類似ユーザーリストを作成することができ、2,3%と上昇していくにつれてそのリストが属性の近似を保ちつつもユーザー数を増やす方向に拡張されていくのである。この類似ユーザーリストであるが、Facebook広告においてコンバージョンしたユーザーのリストをコンバージョンピクセル(おそらく、登録の完了や購入などで計測されているのではないであろうか)で指定して作成を行えば、コンバージョンしたユーザーの類似ユーザーリストを作成できるのである。この類似ユーザーリストさえ作成できれば、最初はコンバージョンユーザー1%類似リストからでもよいがそのリストへ広告を配信することによって、コンバージョンしたユーザーと似た属性を持つコンバージョン確度の高いユーザーへ広告配信を行うことができるのである。この、コンバージョンユーザー類似リストへの広告配信であるが、他の媒体と比べて成果が高いことも多い。この理由としては、コンバージョンしたユーザーの属性をクッキー情報だけでなく、Facebookの登録情報を基に分析した上で類似として拡張を行うことができるので、精度が高いのであると推測できる。

まとめ

今回は、Facebook広告におけるコンバージョンユーザー類似リストへの広告配信について述べた。もし、Facebook広告を行われているという読者の方は一度試していただきたい。リンクルでは、Facebook広告をはじめとした各種SNS広告の運用も力を入れて行っている。是非、現状の広告効果に満足がいかない、さらに広告効果を改善したい、SNS広告を行ってみたいと考えておられる読者の方は下記よりリンクルへお問い合わせいただきたい。

S

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2018/11/27

GDN

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

YDN

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

2018/11/22

Googleアドワーズ

品質インデックス、品質スコア

運営のコツ

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ