リスティングコラム

COLUMN

Facebook広告を長期間運用する上で確認したいポイントまとめ

Facebook広告

Facebook広告の成果が悪くなってきたと思ったら?

このコラムをご覧の皆様は、Webマーケティングの実施に当たりFacebook広告を活用されているであろうか。Facebook広告は、登録情報に基づきユーザー年齢や興味関心、職業にいたるまで細かくターゲットを設定することができるため、うまく活用すれば非常に効率的な広告運用が可能な広告配信媒体である。そんなFacebook広告であるが、長期間広告配信を行っていると段々と成果が悪くなってしまうといったことが発生することが少なくない。そこで今回は、Facebook広告の成果が伸び悩んだ際に確認したい項目をご紹介したい。(Facebook広告ヘルプページより)

各項目の確認方法

今回ご紹介する指標はFacebook広告の管理画面内の広告セット>「確認」タブで見ることができる。普段はキャンペーンや広告セット、広告ごとの配信実績をご覧になっている方も、ぜひ定期的にチェックすることをおすすめする。

①オークションの競争度

オークションの競争度では、入札の競争度合いをパーセンテージで確認することができる。例えば、5%のデータポイントは、その日の競争度が選択した期間の平均より5%高いことを意味する。目安としては、20%のデータポイントでは競争が激しく、-20%のデータポイントでは競争があまりないといった解釈ができる。オークションの競争度が-20%と20%の間のデータポイントでは、競争が安定しているといった状態である。この項目を確認することで、コンバージョン単価の上昇が潜在的にオークション競争度の上昇に関連しているかどうかを判断することができるため、ターゲティングの変更や拡張をするべきかどうかを考える際に役立てることができる。

②ターゲット飽和

ターゲット飽和では、コストとリーチしているターゲット層との関係を見ることができる。具体的な指標としては、対象期間通算のフリークエンシー(対象期間内に各ユーザーが広告をみた回数の平均値)、初回インプレッション率(広告セット内の広告を初めて見た人から発生したインプレッションの割合)、ターゲットリーチ率(潜在リーチ数に対する、これまでリーチしたユーザーの割合)等で構成される。例えば、フリークエンシーが上昇し初回インプレッション率が低下している場合、広告が新しい人にリーチせずに同一ユーザーに何度も広告が表示され広告疲れに関係している可能性が考えられるため、クリエイティブを変更したり、ターゲティングを拡大する、といった判断をすることができる。

③オークションの重複

オークションの重複では、同じアカウントからの複数の広告セットが同じオークションに存在した頻度を確認することができる。広告セット同士の競い合いを避けるため、パフォーマンスのより低い広告セットはオークションから削除されていく。配信数が低くオークションの重複が高い場合は、パフォーマンスを改善するために同様の広告セットを統合する等して対策することができる。

まとめ

今回は、Facebook広告の成果が悪くなってきた際にチェックいただきたい「確認」タブの各項目についてご紹介した。Facebook広告ではある程度自動で入札単価の調整等を行えるといったメリットがある一方、同一のクリエイティブやターゲティングで長期間広告配信を実施した場合、コンバージョンの伸びが鈍化してしまいやすいといった特性もある。広告の配信面が限られている分、ユーザーの広告に対する飽きが発生しやすいため、ぜひ今回ご紹介した指標に注目して広告運用を実施いただければ幸いである。リンクルには、Facebook広告の運用に長けた広告運用者が揃っている。プロフェッショナルによる広告運用にご興味のある方はぜひ下記よりお問い合わせいただきたい。

K.S

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2020/02/10

Facebook広告

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Yahoo!リスティング

YDN

2020/02/07

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

2020/01/30

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

2020/01/28

GDN

バナーのノウハウ

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ