リスティングコラム

COLUMN

動的リマーケティングとは?Google Tag Manager(GTM)を活用して、ユーザーが訪れたページごとに広告を出し分けよう!

GDN

Googleディスプレイネットワーク広告

YDN

機能

動的リマーケティングについて

皆さんは、動的リマーケティングというものをご存知であろうか。動的リマーケティング広告とは、ユーザーが訪れたページによって、広告を出し分けるリマーケティング広告のことであって、ユーザーが興味を持ったページに関連した広告を配信できることから、クリック率やコンバージョン率が通常のリマーケティング広告と比較して高くなりやすい広告のことである。動的リマーケティング広告は、GoogleやYahoo!をはじめとした、様々な媒体で出稿可能な広告であり、特にECサイトなどを運営されている方であるならば、是非とも出稿したい広告である。一方で、この動的リマーケティング広告は、ユーザーが訪れたページごとに広告を出し分けるということを実現するために、やや高度な設定が必要となる。今回のこのコラムでは、こうした動的リマーケティング広告の仕組み及びそのGoogle Tag Managerを用いた実装方法についてご紹介しよう。是非参考にして今後の広告運用にお役立ていただきたい。

動的リマーケティング広告の仕組みについて

まずは、動的リマーケティング広告の仕組みについてご紹介しよう。上記で述べたように、動的リマーケティング広告は、ユーザーが訪れたページごとに広告を出し分ける手法であるので、このことを実現する必要がある。つまり、ユーザーが訪れたページごとに異なるフラグをユーザーに付与し、あるフラグを持つユーザーに対してどういった広告を出稿するのかということを予め設定する必要があるのである。まず、前者のユーザーが訪れたページごとに異なるフラグをユーザーに付与するということについてであるが、これは、ページごとに異なるIDを予め設定しておき、ユーザーがあるページに訪れた際にそのページの持つIDをクッキー等でユーザーに付与すれば実現可能であるであろう。次に後者であるが、特定のIDごとにどのような広告を出稿するのかということについては、一般的にフィードと呼ばれるものであるが、IDごとにこういう広告を出稿してくださいという指示シートのようなものがあれば実現可能である。実際には、媒体が前者及び後者ともに実現方法を提供しているので、その通りに実装していけばよいのであるが、根源的には、ユーザーが訪れたページごとにユーザーに異なるIDを付与して、そのIDごとに広告を出し分ける指示書があれば、動的リマーケティングと呼ばれるものは実現可能なのである。

動的リマーケティング広告のGoogle Tag Managerでの実装方法について

次に、動的リマーケティング広告をGTMで実装する方法についてご紹介しよう。GTMを用いて実現できることは、ユーザーが訪れたページごとに異なるフラグをユーザーに付与するということである。もし、GTMを用いなければ、一つ一つページごとに異なるフラグを持つタグを挿入する必要があり、特にページの入れ替わりが激しいサイト等での実装は困難を極めるであろう。一方で、GTMを使用すれば、ページごとに何らかのユニークなキーが存在していればそれを一般化してGTM上で変数を作成し、動的にタグに挿入させてしまうことが可能となる。一般的には、ECサイトなどでは、商品の型番がユニークであることから、それをキーにすることが多い。もし、何もキーになるものが見つかりそうにない場合には、URLに着目すると、全く同じURLの別々のページが2つ存在することは仕組み上あり得ないので、URLを加工したものをキーとすればユニークなキーを作成することができるであろう。

まとめ

今回は、動的リマーケティング広告のその概要とGTMを用いた実装方法についてご紹介した。動的リマーケティング広告は、通常のリマーケティング広告と比較して効果が高いことが多い広告配信手法であるので、今まで実装されておらず、動的リマーケティング広告と相性の良いサイトをお持ちの方は、是非実施してみていただきたい。リンクルでは、動的リマーケティング広告をはじめとしたさまざまな広告配信手法についてご提案し、実現している。現状の広告効果に満足がいかない、さらなる広告効果を追求していきたいとお考えの読者の方は下記よりリンクル迄お問合せ頂きたい。

S

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2020/02/10

Facebook広告

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Yahoo!リスティング

YDN

2020/02/07

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

2020/01/30

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

2020/01/28

GDN

バナーのノウハウ

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ