リスティングコラム

COLUMN

【Google広告及びYahooスポンサードサーチのITP対処法】ドメインが変化する場合について

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Yahoo!リスティング

アドテクノロジー

ITP対応について

皆さんはITPをご存じであろうか。ITPは、Intelligent Tracking Preventionと呼ばれるもので、Apple社がSafariブラウザに対して適用した、サードパーティーの利用を制限するというものである。このITPによって影響を受けるのが広告の効果測定であって、過去は媒体側が発行したクッキーによって広告効果を測定していたことから、サードパーティークッキーを利用していたが、Safariユーザーに対してはこのITPが起こってから広告によってコンバージョンしたのかなどの情報をトラッキングすることが出来なくなったのである。そこで各広告媒体は、サードパーティークッキーによる広告効果測定ではなく、ファーストパーティークッキーによる広告の効果測定を行うようになってきている。このファーストパーティークッキーによる広告の効果測定であるが、通常のサードパーティークッキーの効果計測と違って、一つ注意しておかなければいけないことが存在する。それが、広告のクリックした際のランディングページのドメインとコンバージョンページのドメインが違う場合である。前回のコラムでは、このランディングページとコンバージョンページのドメインが違う場合におけるGoogle広告の対処法についてご紹介したが、今回は、Google広告とYahooスポンサードサーチを対比しながら、両者の対処法についてご紹介しよう。是非参考にして今後の広告運用にお役立ていただきたい。

ランディングページとコンバージョンページでドメインが変化する場合のITP対応について

今回のこのコラムでは、Google広告およびYahooスポンサードサーチの場合の対応方法についてご紹介しよう。

①Google広告について

Google広告の場合はいくつか対応方法が存在する。もしGoogle Analyticsを使用されている場合で最も簡単な方法は、クロスドメイントラッキング設定を行ったGoogleAnalyticsにおいて、目標としてコンバージョンを設定し、その目標をGoogle広告へインポートするという方法である。Google Analyticsを用いない方法としては、Google広告にて提供されるグローバルサイトタグにクロスドメイン設定を施す、GTMを利用してコンバージョンリンカータグを設定し、そのタグにおいてクロスドメイン設定を行うなどがあげられる。こちらの方法の詳しい内容については、別のコラムにてご紹介しているので、ぜひ参考にしていただきたい。

②Yahooスポンサードサーチについて

Yahooスポンサードサーチの場合は、自動タグ設定によって付与されたyclidパラメータをドメインが変わったページにまで保持しておき、ドメインが変わるページにおいてもYahooが提供しているサイトジェネラルタグを挿入しておくことによって、コンバージョンページのドメインからクッキーを付与させるという方法が知られている。少々手間ではあるが、こちらが確実な方法であろう。

まとめ

今回はランディングページとコンバージョンページのドメインが違う場合のITP対応方法についてご紹介した。ITPが実装されたことにより、広告を実施する側も正しく技術を把握して、対策を講じなければ、効果計測を正確に行うことはできず、誤った判断を下してしまうであろう。ランディングページとコンバージョンページのドメインが違う読者の方はこのコラムを参考に実装していただきたい。リンクルでは常に最新の技術を追い、正確な広告効果測定を行うようにしている。是非、現状の広告効果の測定が正しいのかわからない、正しく効果計測を行っていきたいという読者の方は下記よりリンクルへお問い合わせいただきたい。

S

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2019/02/25

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

アドテクノロジー

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ