リスティングコラム

COLUMN

【コンバージョンリンカー活用法】ランディングページとサンクスページのドメインが違う?そんなときのGoogle広告の対処法

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

アドテクノロジー

ランディングページとサンクスページのドメインが違う場合

ウェブ広告を行われている皆様は、ITP 2.0対策を行われているであろうか。ITP 2.0とは、Intelligent Tracking Prevention 2.0の略であって、Apple社がSafariに施したアップデートであり、Safariブラウザのサードパーティークッキーの保存期限をなくした、つまりサードパーティークッキーに関して即時アクセスできないようにしたものである。このアップデートが何を意味するのかというと、従来ウェブ広告は基本的にサードパーティークッキーを利用して広告効果の計測を行っていた。しかしながら、こちらのITP 2.0によってSafariユーザーの広告効果が測定できなくなった、つまり広告をクリックしたユーザーが実際にお問い合わせや購入に至ったのかということが計測できなくなってしまったのである。このITP 2.0対策として登場したのが、ファーストパーティークッキーによる広告効果測定であり、ファーストパーティークッキーであれば効果計測可能となる。しかしながら、こちらの方法にも弱点が存在しており、それがランディングページとサンクスページのドメインが変わってしまう場合である。今回のこのコラムでは、なぜランディングページとサンクスページのドメインが違えばダメなのか、ということとGoogle広告におけるその対処法についてご紹介しよう。ぜひ参考にして今後の広告運用にお役立ていただきたい。

ランディングページとサンクスページのドメインが違う場合

ファーストパーティークッキーはその定義から、ユーザーが閲覧中のドメインから発行されたクッキーのことであって、このクッキーをファーストパーティークッキーとして読み取るには、ユーザーがそのドメインを閲覧中であり、そのドメインからそのクッキーを読み取らないといけない。つまり、広告をクリックしたという情報をランディングページにてユーザーにファーストパーティークッキーとして発行するがこの場合、サンクスページのドメインが違ってしまえば、そのサンクスページのドメインからみたランディングページで作成されたクッキーはサードパーティークッキーとなってしまうので、読み取ることができない。このことから、ランディングページとサンクスページのドメインが違えば、別途対策が必要となるのである。

ランディングページとサンクスページのドメインが違う場合の対処法

では、対処法についてご紹介しよう。結論から言えばクロスドメイントラッキングというものを行えばよい。Google Analyticsを利用されたことのある方ならご存知であろうが、クロスドメイントラッキングというものを行えば、ページ内でドメインが変わってしまったとしてもセッションを切ることなく、同一セッション内のユーザー行動としてトラッキング可能となるのである。このことを広告の効果測定でも利用するのである。様々方法があるが、今回はグーグルタグマネージャー(Google Tag Manager,GTM)を利用する方法をご紹介しよう。グーグルタグマネージャーを利用する場合は、コンバージョンリンカーというものを利用して、そのコンバージョンリンカー内の設定でリンクドメインというものを行えばよい、具体的な方法としては、その前後のドメインをリンクドメインで設定するだけで良い。非常に簡単な方法であるので、グーグルタグマネージャーにて広告効果を測定されている方で、ドメインがランディングページとサンクスページで変わってしまう場合にはすぐ設定するとよいであろう。

まとめ

今回は、ランディングページとサンクスページのドメインが違う場合にGoogle広告にて広告効果をsafariにおいても適切に測定する方法をご紹介した。リンクルでは、広告効果も適切に測定できるよう環境を整えて、運用を行っている。是非、現状の広告効果に満足がいかない、さらにウェブ広告を改善していきたいとお考えの方は下記よりリンクルへお問い合わせいただきたい。

S

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2019/02/25

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

アドテクノロジー

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ