リスティングコラム

COLUMN

部分一致を有効に活用するだけでリスティング広告アカウントの成果は大幅に変わる?!正しい部分一致の使い方とは

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

クリック単価

スマートフォン広告

品質インデックス、品質スコア

運営のコツ

部分一致キーワード、うまく使えていますか?

このコラムをご覧になられている皆さんは部分一致のキーワードを有効に利用できているだろうか。部分一致キーワードは、自らが想定していないようなキーワードでクリックを浴び、CVに至る一方、無関係なキーワードで強く反応しすぎてしまい、アカウントの成果を大幅に落としてしまうこともあるキーワードである。部分一致キーワードを有効に利用することがリスティング広告の成果の可否を決める大きな一要因と言ってしまっても過言ではない。今回のコラムでは、そんな部分一致キーワードの扱い方、利用方法について具体例を用いながら述べる。アカウントの成果を改善させたい方から、部分一致キーワードの有効な利用方法について知りたい方の一助となれば幸いである。

そもそもどんな時に部分一致キーワードを使うの?

はじめに、部分一致キーワードの特徴について概論を述べる。

①思いもよらぬ検索クエリに対して反応する

部分一致キーワードの最も素晴らしい点の一つが、こちらが意図していないようなキーワードで反応することだ。そしてそのキーワードでCVを得られると、クリック単価は安いうえにCVを得ることができる。逆に意図していない、外れたキーワードでも反応してしまい、部分一致キーワードでコストを使いすぎてアカウントの成果が悪くなるということも起きる。

②比較的クリック単価が安く出稿できる

部分一致キーワードは検索数が少なく、意外なキーワードに対しても反応するため、クリック単価が安くなる傾向にある。これも部分一致キーワードの大きな特長の一つであろう。

どういったときに部分一致キーワードを活用するのか?

続いて、部分一致キーワードを利用するタイミングについて考察する。

①完全一致、絞込一致、フレーズ一致キーワードを補完する要素としての利用

繰り返しになるが、部分一致キーワードは想定していないキーワードにて反応する。一方で完全一致、絞込一致、フレーズ一致キーワードはある程度キーワードが絞られる。こういったキーワードの補完的な要素として活用されるのが部分一致である。

②クリックを集めたいとき

比較的クリック単価が安くなる傾向にあるということに合わせて、クリック数を多く集めたいときにも利用する。ニッチばキーワードにて反応させ、クリック単価をできる限り落とすことが可能である。

③【上級者向け】部分一致RLSA

一度サイトに訪れたユーザーは比較的確度が高いと考えられる。そうしたユーザーに対して、再度検索したときに入札を高めるのがRLSAである。これを部分一致キーワードに対して行うことで、一度サイトに訪れたユーザーに対しては広いキーワードで集めるといった工夫が可能である。

④CVのつきやすいキーワードを探す

部分一致キーワードは比較的クリック単価も安い。アクセスを集め、出稿してある程度CVがついてきたら、CVがついたキーワードを登録、出稿することで成果の改善が見込まれる場合がある。

部分一致キーワードで気をつけるべきポイント

続いて、部分一致キーワードを利用する時の注意点や、よくある部分一致キーワードの誤った使い方について述べる。

①成果がよいからといって部分一致キーワードの入札をあげる

成果が良いからといって部分一致キーワードの配信をあまりにも強くしすぎることはお勧めしない。意図していない検索クエリに対して反応しすぎてしまいがちだからだ。基本的にはクリック単価を完全一致の3割ぐらいを目安にするとよいのではないかと考えている。

②反応させたいキーワードが確定している場合

BtoBビジネスのように、反応させたいキーワードがきちっと決まっている場合は、あまり部分一致キーワードの配信を強くしすぎないほうがよい。①の時よりも検索クエリが違ったニーズのものを拾ってしまう可能性がある。

部分一致キーワードと正しく向き合い、アカウントの成果を最大化させよう

今回のコラムでは、部分一致キーワードの特徴、使い方、運用方法についてご紹介した。このコラムを読んで、少しでもお役に立てれば幸いである。リンクルでは部分一致キーワードを知り尽くしたプロが運用している。リスティング広告のプロと話がしてみたい方はぜひ下記よりお問い合わせください。

N.H

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2019/12/02

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

動画

動画広告

2019/11/25

Facebook広告

GDN

Google Analytics

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Instagram

Yahoo!リスティング

YDN

アクセス解析

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ