リスティングコラム

COLUMN

ブランドネームをリスティング広告にて出稿する利点とは?自社が売りたい商品を確実に訴求しよう

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

リスティング広告におけるブランドネーム

皆さんは、リスティング広告を行われているであろうか。リスティング広告は、GoogleやYahooの検索結果画面に表示される広告であるが、自身の広告を表示させたいキーワードとその時に表示させる広告を設定することで、入札価格さえ上限を設けなければ好きな順位に広告を表示させることができる。リスティング広告を行われる皆様の多くは本来ならば自然検索にて上位掲載を行いたいが、検索結果がなかなか上位にならないキーワードに対して広告を表示させることによって、アクセス数を増やされている方が多いであろう。例えば、リンクルでは「リスティング広告代理店」というキーワードで広告を表示させている。つまり、自然検索結果で上位に自社のサイトがある場合、特にリスティング広告を行わなくてもアクセスを得ることができるので、必要ないのではないかと考えておられる方が多いのではないであろうか。その代表格として挙げられるのが、自社のブランドネーム、つまりリンクルであれば「リンクル」である。もちろん、自社のブランドネームが自然検索結果で上位表示されない場合、ブランド認知という観点からでもリスティング広告を行っておいた方が良いのではあるが、たとえ、自社のブランドネームが上位に表示されていたとしてもリスティング広告をブランドネームにて行っておいた方が良いこともある。今回はそんなブランドネームでリスティング広告を行ったときの利点についてご紹介しよう。是非参考にして今後の広告運用にお役立ていただきたい。

ブランドネームでのリスティング広告出稿について

リスティング広告の大きな特徴として、広告文が指定できるということと、そのリンク先が指定できるということがあげられる。つまり、ブランドネームであったとしても会社名を訴求する広告文でなく、リンク先も通常のサイトのTOPページなどではないものをリスティング広告であれば構成することができるのである。これが何を意味するのかというと、例えば自社でバナー広告などディスプレイ広告を大々的に広告配信を行っており、ブランドネームでの検索ボリュームが多いとしよう。この時に自社のコーポレートサイトが自然検索で表示されているのみであるのと、リスティング広告にて売りたい商品を訴求し、そのリンクがあるのと、どちらがより効果的であろうか。当然後者であって、集めたユーザーをリスティング広告でしっかりと刈り取っていくという観点からしてもTOPページで無い、売りたい商品をしっかりと広告文やリンク先で訴求することができるブランドネームの出稿は非常に効果的なのである。もし、この中でブランドネームへ予算を割り振ることに抵抗がおられる方がいれば、お伝えしておきたいことであるが、ブランドネームは基本的に広告文やランディングページとの関連性が高いことが多いため、品質が非常に高く、クリック単価も低く広告を出稿できることが多い。そのため、ほんの少し予算をブランドネームへ振り分けるだけでも十分であり、費用対効果もよくなることが多いので、是非ともお勧めしたい施策である。

まとめ

今回はブランドネームのリスティング広告出稿について、ご紹介した。ブランドネームのリスティング広告を出稿しておくだけで特に健康食品などを扱っておられるお客様は、自社の最も売りたい商品を訴求することができるので、まずブランドネームで売り上げおよび利益獲得の基盤ができるであろう。リンクルでは、お客様に合わせて最適なキーワード及び広告出稿をご提案している。是非、現状のリスティング広告の効果に満足が行っていない、さらにリスティング広告の成果を改善していきたいとお考えの読者の皆様は下記よりリンクルへお問い合わせいただきたい。

S

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2019/02/25

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

アドテクノロジー

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ