リスティングコラム

COLUMN

【2019年最新版】Google広告において使用可能な自動入札機能をご紹介

GDN

Googleアドワーズ

Google広告が提供する自動入札戦略の活用法を一挙ご紹介!

このコラムをご覧になっている皆様はGoogle広告の自動入札機能を活用されているであろうか。近年、機械学習システムの進化により、自動入札の精度もますます向上している。広告主の目的に合わせてシステムが自動的に入札単価調整を行ってくれる非常に便利な機能であるが、言うまでもなく正しい知識を持って導入しなければ適切な効果を得ることは出来ない。場合によっては自分自身で運用を行っていた時よりも大幅に広告効果が悪化してしまう、といったことも起こりかねないのである。そこで今回は自動入札戦略の種類とその特徴、そして有効な活用法についてご紹介する。導入を検討されている読者の皆様の参考となれば幸いである。

自動入札戦略にはどんな種類があるの?

現在Google広告で提供されている自動入札戦略には主に下記のようなものが挙げられる。リスティング広告を運用している目的に合わせた入札戦略を設定する必要がある。(参考:自動入札機能について – Google 広告 ヘルプ

1.クリック数の最大化

クリック数の最大化では、予算内でクリック数を最大化できるように入札単価が自動的に調整される。クリック数の最大化は、1 つのキャンペーンの標準戦略、または複数のキャンペーンや広告グループ、キーワードにまたがるポートフォリオ入札戦略として使用できる。サイトへの流入数を指標としている場合に有効である。

2.目標インプレッションシェア

目標インプレッション シェアは以前の「目標掲載位置」に代わって登場した自動入札戦略である。こちらを活用すると、Google 検索結果ページの最上部、上部、または任意の場所に広告が表示されるように、自動的に入札単価が設定される。

3.目標コンバージョン単価

目標コンバージョン単価では、指定した単価でコンバージョンを最大限に獲得できるように、検索広告やディスプレイ広告の入札単価が自動的に調整される。導入に当たり、過去30日以内に一定数のコンバージョンを獲得していなければ適切な効果が得られない可能性があるため、注意が必要である。一か月で獲得するコンバージョン数が比較的多い広告主の皆様にお勧めである。

4.目標広告費用対効果(ROAS)

目標広告費用対効果では、指定した目標広告費用対効果でコンバージョン値を最大化できるように、入札単価が自動的に調整される。ECサイトを運営されている広告主がGoogle広告経由での売り上げ(ROAS)を成果指標として設定する場合に有効である。

5.拡張クリック単価(eCPC)

拡張クリック単価は、コンバージョンを最大化できるようクリック単価(CPC)が調整される入札戦略である。ウェブサイトで購入などのコンバージョンにつながる可能性が高い場合は個別に設定した入札単価を引き上げ、可能性が低い場合は入札単価を引き下げるため、従来ほど細かな入札単価調整を行うことなく入札の最適化が期待できる。

6.コンバージョン数の最大化

コンバージョン数の最大化を使用すると、予算全体を使おうとしながらキャンペーンのコンバージョン数を最大化するように自動的に入札単価が設定される。

今回は、Google広告で使用可能な自動入札戦略についてご紹介した。運用担当者の工数を削減し、さらには広告効果まで期待できる非常に便利な機能であるが、導入方法を間違えてしまうと最大の効果は得られないため、導入の際には目的に合わせて適切な種類の自動入札戦略を選択することが非常に重要である。リンクルでは、広告主様それぞれの商材に合わせた入札戦略を駆使して日々広告効果の最大化に奮闘する運用担当者が揃っている。プロフェッショナルによる広告運用にご興味のある方は是非下記よりお問い合わせいただきたい。

K.S

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2019/10/21

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

事例

機能

2019/10/14

YDN

クリック単価

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

事例

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ