リスティングコラム

COLUMN

広告文のABテストをしてウェブ広告の成果を改善しよう!広告文のABテストを行う際の方法とは?

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

ウェブ広告の改善について

皆さんは、ウェブ広告の成果改善を行う際に、どのような視点で改善を行われるであろうか。例えば、ウェブ広告の主であるリスティング広告とディスプレイ広告では、成果改善方法に違いがあるかと思われる。リスティング広告であればどのようなキーワードをどのような順位で配信するのかによって大きく成果に違いが生まれ、ディスプレイ広告では、どのようなターゲットに配信するのかやどのような面に配信するのかによって、成果が変化する。しかしながら、こうした配信手法によらずに共通して行える成果改善と言えば、クリエイティブ、つまり広告の成果改善である。今回のこのコラムでは、広告のABテストをして成果改善をしていく上で、どのようにテストを実施すればよいのかということについて一例をご紹介しよう。是非参考にして今後の広告運用にお役立ていただきたい。

広告のABテストの注意点

では、早速広告のABテストについて、いくつかの注意点をご紹介していこう。

①検証軸を1つに絞っているか

まず初めにご紹介するのが、検証軸を絞っているのかどうかということである。例えば、リスティング広告で考えてみよう。リスティング広告では、ざっくりと、タイトル1、タイトル2、説明文が基本構成となるが、やみくもにそれらすべての文言を変更した2つの広告を入稿した場合、当然ながらどちらか成果の良い広告文がわかりはするが、なぜその広告文の方が良いのか、次にどのような方向性で広告文の検証を行えばよいのかということが困難となってしまうであろう。一方で例えば、価格訴求・質訴求等軸を持って広告文を作成し、Aの広告文の方が良かった場合には、価格訴求の方がよいということを明確に予め持ったうえで検証すれば、このような事態にはならず、次の方向性も定まりやすくなるであろう。

②同じターゲットで広告の検証を行っているか

次にご紹介するのが、ターゲットを同じとしているのかどうなのかという点である。再度リスティング広告を例とさせていただくが、ブランド名での検索に対する広告と一般名での検索に対する広告で比較したとしよう。この場合、当然ながら、ブランド名での検索に対する広告の方が成果が良くなるのは明白である。ブランド名でユーザーが検索している時点でコンバージョン可能性も高いのであり、広告の如何に問わず、一般名での検索に対する広告と比較すると成果が良く見えてしまう。同一のターゲットに対する広告でテストを行わなければ正確な結果は得られないのである。

③検証期間を十分にとっているか

最後にご紹介するのが、検証期間を十分にとっているのかどうかという視点である。例えば、検証している2つの広告がそれぞれ数十クリックしか受けていない状態で差がでていたとして、これは、片方の広告が良く、片方の広告が悪いと判断してよいのであろうか。検証する際に、十分に二つの広告が比較可能なほどデータが溜まっているかということは重要なことで、十分に検証可能なデータが溜まっていない場合には、しっかりと待つことが必要である。

まとめ

今回のこのコラムでは、ウェブ広告の成果改善を行う一つの方法として、広告のABテストをご紹介し、その注意点について述べた。広告のABテストは簡単に実施できるものではあるものの、正しく行わなければ誤った方向に広告配信が向かいかねないので、注意していただきたい。リンクルでは、各業界においてどのような広告文が刺さるのかということやどのようにして広告の改善を行っていけばよいのかということについて数多くの知見を持ち合わせている。是非、現状の広告効果に満足がいかない。さらなる広告効果を追求していきたいとお考えの読者の方は、下記よりリンクルまでお問合せ頂きたい。

S

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2020/04/06

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

動画

動画広告

2020/03/18

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

2020/03/16

Facebook広告

GDN

Google Analytics

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Instagram

Yahoo!リスティング

YDN

アクセス解析

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ