リスティングコラム

COLUMN

【LINE広告】初級編:効果的なクリエイティブのコツ

SNS

初心者必見

【LINE広告】初級編:効果的なクリエイティブのコツ

LINE広告は月間利用者8,400万人を保持する国内最大のプラットフォームに掲載をすることができるため、既に導入をしている、導入を検討している方も多いのではないだろうか。今回のコラムでは、LINE広告で効果が出やすいクリエイティブについてお伝えしたい。

LINE広告のフォーマット規定

LINE広告には配信面に応じた5つのクリエイティブが存在する。
① 「Card」:静止画(1200 x 628px)と動画(画面比率16:9)のフォーマット
② 「Square」:静止画(1080 x 1080px)と動画(画面比率1:1)のフォーマット
上記2つは、Smart Channel、タイムライン、LINE NEWSなど、多くの配信面に対応した汎用的なフォーマットである。
その他に、
③ 「Vertical」動画専用(画面比率9:16)のフォーマット
④ 「カルーセル」1つの広告枠にスライド式で画像を最大10点掲載できるフォーマット
⑤ 「画像+テキスト」画像とテキストで構成されるシンプルなフォーマット
が存在する。

LINE広告の代表的な配信面の一例はこちらである。これらの配信面に自動的に配信される。

※LINE広告の代表的な配信面。画像はLINE for Businessより。

LINE1

重要なのは、可能な限り多様なフォーマットに適したバナーを入稿いただくことである。たとえば1200×628のバナーだけを用意すれば、配信すること自体は可能である。しかし、上記の代表的な配信面にもあるように、タイムラインへの配信は、正方形の枠となるため、余白が生まれてしまう。配信面に余白があることで、見栄えが悪い、情報が入ってきづらいなどの理由から、クリック率の低下につながることが多い。少なくとも汎用的な①②の画像はご用意いただくことをお勧めしたい。

参考記事:LINE for Business 【LINE広告】クリエイティブの制作│配信面やサイズについて

LINE広告で効果が良いクリエイティブ

 クリエイティブを制作するにあたって、2点参考にしていただきたいポイントがある。1つ目は、配信面に考慮したクリエイティブであることだ。たとえば、配信面がタイムラインであれば画面を大きく使った配信ができるが、Smart ChannelやLINE NEWSの場合、配信面はぐんと小さくなる。そのため情報を詰め込んだり、複数の画像を組み合わせたりすると、視認性が悪く魅力が伝わらないことがある。LINE NEWSなどの小さな枠の配信面でも、内容が明確に伝わるクリエイティブをご検討いただくことが重要である。2つ目は、ユーザーに「自分ごと化」させることだ。特にLINE広告では、「見出し」が重要なポイントである。見出しで、いかに自分に関係のあることだと思わせられるかによって、クリック率は大きく変わる。そのため、ABテストを行う際は見出しのパターンを複数用意し、効果検証することをお勧めする。

クリック率が良い動画広告

 動画広告は、外出自粛の影響もあり、ユーザーの反響が高まる傾向にある。実際、YouTubeやFacebook(Instagram)、TikTokなどを視聴する機会が増えた方も多いのではないだろうか。LINEにおいても同様であり、クリック率や再生率、視聴率は上昇傾向にある。そのため、LINEでも動画広告をぜひご検討いただきたい。動画を制作する際には、ぜひとも参考にしていただきたいポイントがある。
・冒頭3秒間で興味の引く情報を伝えること
・動画が始まった瞬間から情報が適切に伝えられていること
・3秒以内で画変わりをし、視聴者に飽きさせず視聴してもらうこと
・音がなくても伝わること
・動画の長さは7~15秒程度
これらが、クリック率が上昇する鍵となる。Facebook(Instagram)などでも同じことがいえるが、動画が開始した瞬間から最初の3秒間で興味を惹きつけることが最も重要と言える。

まとめ

今回はLINE広告のクリエイティブについてご紹介した。LINE広告だけでなく、その他Google、Yahoo、Facebook、Twitter、SmartNews広告などでもクリエイティブは効果を出すに当たって非常に重要なポイントであり、その傾向は年々高まっている。当社では、クリエイティブ専門のチームがあり、効率的に効果検証をしていく体制が整っている。またLINE広告の専門チームもあり、効果的にLINE広告を運用できる。LINE広告、クリエイティブに関して少しでも興味やお困りごとがあればぜひ一度ご相談いただきたい。

 

301654

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間10:00~19:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2021/02/24

DSP

Facebook広告

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

indeed広告

Instagram

SNS

Yahoo!リスティング

YDN

リマーケティング広告

運営のコツ

2021/02/23

バナーのノウハウ

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

初心者必見

2021/02/19

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

初心者必見

2021/02/17

DSP

Facebook広告

SNS

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

事例

2021/02/16

Googleアドワーズ

初心者必見

2021/02/15

Yahoo!リスティング

YDN

2021/02/11

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

運営のコツ

2021/02/08

Facebook広告

SNS

事例

初心者必見

2021/02/03

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

初心者必見

機能

2021/02/01

Facebook広告

Instagram

SNS

2021/01/28

GDN

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

2021/01/27

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

初心者必見

2021/01/26

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

初心者必見

2021/01/25

DSP

Facebook広告

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Instagram

SNS

Yahoo!リスティング

YDN

リマーケティング広告

運営のコツ

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ